サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
A Chinese Buddhist Ecological Narrative: From the Pure Land to the “Beautiful Country” of Xi Jinping
著者 Ríos Peñafiel, María Elvira (著)
掲載誌 Contemporary Buddhism: An Interdisciplinary Journal
巻号v.21 n.1-2
出版年月日2020
ページ133 - 148
出版者Routledge
出版サイト https://www.routledge.com/
出版地Abingdon, UK [阿賓登, 英國]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
抄録The practice of adapting discourse to cultural and political circumstances is a recurring theme in Buddhist history in China. Today, as for all the religious institutions in China, Buddhism must respond to Chinese government ideology, including the official call to improve environmental conditions in the country. The Chinese Buddhist Association takes its discourse from the ecological adaptation or interpretation of Buddhist modernism, especially from “Humanistic Buddhism,” and also incorporates political rhetoric. As Buddhism is one of the most influential and widespread religions in Chinese society, it is possible to find different Buddhist ecological narratives. Nevertheless, current developments of the government with the new constitution shifting interpretations of Chinese socialism are eroding the spiritual aspects of Buddhist ecological discourse.
ISSN14639947 (P); 14767953 (E)
DOIhttps://doi.org/10.1080/14639947.2022.2029211
ヒット数85
作成日2022.12.09
更新日期2022.12.09



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
658314

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ