Site mapAbout usConsultative CommitteeAsk LibrarianContributionCopyrightCitation GuidelineDonationHome        

CatalogAuthor AuthorityGoogle
Search engineFulltextScripturesLanguage LessonsLinks
 


Extra service
Tools
Export
日本の古代社会と僧尼
Author 堅田理=Katata, Sadamu
Date2007.04
Pages196
Publisher法藏館=Hozokan
Publisher Url http://www.hozokan.co.jp/
Location京都, 日本 [Kyoto, Japan]
Content type書籍=Book
Language日文=Japanese
Note日本仏教史研究叢書
Abstract日本古代の地域社会に仏教は、そして僧尼はどのように受け入れられていったのか。僧俗の交通のあり方に注目しつつ、僧尼の活動の具体相を『日本霊異記』を素材にさぐり、国家による社会編成のあり方や神仏習合、王土王民思想などの分析を通じて、仏教史からみた新たな地域社会論の構築を試みる。
【著者】1965年福井県生まれ。1988年岡山大学文学部卒業、1993年大谷大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学。現在、大谷大学、華頂短期大学非常勤講師。
【主な論文】「日本古代村落についての一試論」(吉田晶編『日本古代の国家と村落』塙 書房、1998年)「墾田永年私財法と浮浪人」(『続日本紀研究』330号、2001年)等

Table of contents
序 章 
 一 本書の課題
 二 本書の構成
第一章 律令国家の成立と僧尼
第二章 八世紀における僧尼の交通と地域社会
第三章 平安初期の僧尼支配と地域社会
第四章 地域社会における神祇と仏教
第五章 日本古代における天命思想と仏教─王土王民思想の成立をめぐって─ ほか 
ISBN9784831860361
Hits822
Created date2007.04.19
Modified date2008.12.08



Best viewed with Chrome, Firefox, Safari(Mac) but not supported IE

Notice

You are leaving our website for The full text resources provided by the above database or electronic journals may not be displayed due to the domain restrictions or fee-charging download problems.

Record correction

Please delete and correct directly in the form below, and click "Apply" at the bottom.
(When receiving your information, we will check and correct the mistake as soon as possible.)

Serial No.
144794

Search History (Only show 10 bibliography limited)
Search Criteria Field Codes
Search CriteriaBrowse