Site mapAbout usConsultative CommitteeAsk LibrarianContributionCopyrightCitation GuidelineDonationHome        

CatalogAuthor AuthorityGoogle
Search engineFulltextScripturesLanguage LessonsMuseumLinks
 


Extra service
Tools
Export
近世略縁起論考
Author 石橋義秀=Ishibashi, Gishu ; 菊池政和=Kikuchi, Masakazu
Date2007.10
Pages411
Publisher和泉書院
Publisher Url http://www.izumipb.co.jp/
Location大阪, 日本 [Osaka, Japan]
Content type書籍=Book
Language日文=Japanese
Keyword縁起; 親鸞
Abstract寺社縁起の研究、特に略縁起の研究は、最近盛んに行われている。しかし「略縁起」についての解釈は研究者により一様ではなく、その定義付けは簡単ではない。「略縁起」は一般に寺社の縁起‧由来を記した「本縁起」を簡略にまとめたものと考えられているが、その名称も一定ではなく、多岐にわたる「縁起」資料をどう蒐集‧整理‧分類し、体系的に考察し、定義付けるかは、難しい問題である。また名称やその範囲のみならず「略縁起」の機能も多様なものであり、それは、絵‧開帳‧芸能‧説話‧文学などの多面的な文化に機能したといえよう。要するに、いろんなかたちの「略縁起」が数多く存在するが、その成立事情については、それぞれの資料により異なる。当然、その時代性、資料の個別性などを考慮しなければならない。本論文集は、かかる諸問題を内包する「略縁起」を、近世という多様な時代の中で、執筆者それぞれが真正面から捉えようとしたものであり、時宜にかなった画期的な研究といえよう。

Table of contents
まえがき 石橋義秀・菊池政和
「略縁起」についての二、三の考察 付 翻刻『九郎本尊略縁起』 志村有弘
近世寺社法宝物略縁起の生成と展開?-『四天王寺霊仏霊宝略縁起』をめぐって- 加藤基樹
橘寺の略縁起と聖徳太子伝 松本真輔
略縁起の平家物語-縁起化する文覚発心譚- 橋本章彦
親鸞伝承の変改と略縁起をめぐって 菊池政和
天保年間巡拝記録の意義と略縁起 渡辺信和
略縁起と仏教版画 和田恭幸
青蓮院門跡の略縁起-出開帳とその周辺- 末松憲子
高野山麓の苅萱伝承群-略縁起から近代資料へ- 三野 恵
『開山呑龍上人略伝除雷名号縁起』と呑龍信仰-付、翻刻 堤 邦彦
大谷大学博物館蔵‧「神田家記録」『鳴滝御坊縁起』と『鳴滝御坊略縁起』について 石橋義秀
『日本最初馬櫪神御由来記』について 稲垣泰一
あとがき 石橋義秀・菊池政和
ISBN9784757604247
Hits680
Created date2007.12.13
Modified date2008.12.05



Best viewed with Chrome, Firefox, Safari(Mac) but not supported IE

Notice

You are leaving our website for The full text resources provided by the above database or electronic journals may not be displayed due to the domain restrictions or fee-charging download problems.

Record correction

Please delete and correct directly in the form below, and click "Apply" at the bottom.
(When receiving your information, we will check and correct the mistake as soon as possible.)

Serial No.
151546

Search History (Only show 10 bibliography limited)
Search Criteria Field Codes
Search CriteriaBrowse