Site mapAbout usConsultative CommitteeAsk LibrarianContributionCopyrightCitation GuidelineDonationHome        

CatalogAuthor AuthorityGoogle
Search engineFulltextScripturesLanguage LessonsMuseumLinks
 
Bookmark and Share


Extra service
Tools
Export
光明蔵三昧講話
Author 酒井得元
Date1991.03.10
Pages496
Publisher大法輪閣
Publisher Url http://www.daihorin-kaku.com/
Location東京, 日本 [Tokyo, Japan]
Content type書籍=Book
Language日文=Japanese
Keyword道元; 曹洞宗; 三昧
Abstract『光明蔵三昧』は永平寺第二祖・懐弉(えじょう)禅師が、宗祖道元禅師の正伝の仏法"只管打坐"(しかんたざ)について、当時ですら誤解されていたのを憂慮して、後世の曹洞宗侶のために書き遺された悲願の書である。只管打坐は無所得・無所悟(得るところなく、悟るところなし)でなければならないという。その真意は深遠で容易に理解し難いため、この『光明蔵三味』は永い間、秘書として忘却されていた。近年では沢木興道老師が初めて提唱したといわれる。その沢木老師の直弟子だった著者が今また師の後を受け、より徹底して懇切丁寧に講話したのが本書である。道元禅の参究者にとって待望の必読書といえよう。

Table of contents
光明蔵三昧について
光明蔵三昧なることを脱体ならしめん
光明蔵
最吉祥
大乗行
仏心普放の大光明
燃燈釈迦嫡嫡相承の光明蔵三昧
祖師禅の光明大火聚
人人尽有の光明
火焔説法
参学当人の一隻眼
平常心是道
諸仏の本原
一堆猛焔は天に亘って紅なり
己を見るに由って道を得ず
覚性円明無相身
無所得の光明の参学
霊光独輝
光明照世間
謹テ実参同志ノ人ニ白ス
光明蔵三昧の概説とその参究の心構え
ISBN9784804610948
Hits203
Created date2008.01.28
Modified date2008.01.28



Best viewed with Chrome, Firefox, Safari(Mac) but not supported IE

Notice

You are leaving our website for The full text resources provided by the above database or electronic journals may not be displayed due to the domain restrictions or fee-charging download problems.

Record correction

Please delete and correct directly in the form below, and click "Apply" at the bottom.
(When receiving your information, we will check and correct the mistake as soon as possible.)

Serial No.
155026

Search History (Only show 10 bibliography limited)
Search Criteria Field Codes
Search CriteriaBrowse