Site mapAbout usConsultative CommitteeAsk LibrarianContributionCopyrightCitation GuidelineDonationHome        

CatalogAuthor AuthorityGoogle
Search engineFulltextScripturesLanguage LessonsLinks
 


Extra service
Tools
Export
正法眼蔵 -- 八大人覚を味わう
Author 内山興正 ; 山本成一
Date2007.12
Pages252
Publisher大法輪閣
Publisher Url http://www.daihorin-kaku.com/
Location東京, 日本 [Tokyo, Japan]
Content type書籍=Book
Language日文=Japanese
Keyword道元; 曹洞宗
Abstract◆八大人覚とは、大人(だいにん・おとな)として覚り知るべき(少欲・知足など)八っのことの意で、ブッダ最後の教えといわれています。
その教えを、日本曹洞宗の開祖・道元禅師もまた『正法眼蔵』の一巻として書き遺しました。
◆本書は道元著『正法眼蔵』八大人覚の巻を、沢木興道の遺弟である著者が、ユーモアを交えて平易に講話したものです。

Table of contents
序文   水野弥穗子
正法眼蔵八大人覚 原文

はじめに
仏法は常に一鍬掘り下げていかねばボケてくる
なぁに、本当はみんなガキなのだ
本当の人類からいえば、歴史以前の時代でしかない
日本は「じしんこく」である、いや「地震国」なのでない

一、少 欲
「くれるというものを、なぜ貰っておかないんだ」
いったい自分とは何か、この大事なことがよく分からない
「生まれる以前に堕ろされた」という目で見直す
自己が自己として片付いて愚図らない

二、知 足
「真実」とは何か──いまハッキリといいます
悟りを願わないのも困る、だが悟りたいという欲も困る
じつは誰でも今、このままで足りているという事実がある

三、楽寂静
人間が人間を拝むなんて、あり得べきことではない
ノボセ上がりは必ず下げれば下げられる
「宗教」という言葉は、やがて抹殺してもいい時代がキッと来る

四、勤精進
オレの欲のため以外に本当に真面目に働いたことがありますか
天地一杯の自己の狙いがなければならぬ

五、不忘念
子どもは自分が親の分身だとは思わない、親は他人だと見る
草も木も虫もあらゆるものが生まれ、生きそして死ぬ
「あっ地球上が仏法になった」というときが必ず来る

六、修禅定
ましな人間になりたいという連中は、坐禅をしないほうがいい
詰まるところオレは何のために生きているのか

七、修智慧
「坐禅は口ではいえぬことじゃ」などというハッタリ坊主
私の話を聞いているのではない、あなたは自己を聞いているのだ
仏法相承は甘柿の枝を接ぎ木するようなものである

八、不戯論
どうせみんなやがては寝たきり老人になる、そのときはどうする
まったく見当外れの教学の研究、法要儀式、堂塔伽藍の建立

〈追補〉正法眼蔵に学ぶ
ISBN9784804612638
Hits809
Created date2008.01.30



Best viewed with Chrome, Firefox, Safari(Mac) but not supported IE

Notice

You are leaving our website for The full text resources provided by the above database or electronic journals may not be displayed due to the domain restrictions or fee-charging download problems.

Record correction

Please delete and correct directly in the form below, and click "Apply" at the bottom.
(When receiving your information, we will check and correct the mistake as soon as possible.)

Serial No.
155460

Search History (Only show 10 bibliography limited)
Search Criteria Field Codes
Search CriteriaBrowse