Site mapAbout usConsultative CommitteeAsk LibrarianContributionCopyrightCitation GuidelineDonationHome        

CatalogAuthor AuthorityGoogle
Search engineFulltextScripturesLanguage LessonsMuseumLinks
 


Extra service
Tools
Export
真宗の基礎
Author 宮城顗
Date2008.07
Pages198
Publisher東本願寺出版部
Publisher Url https://books.higashihonganji.jp/catalog/default.php
Location京都, 日本 [Kyoto, Japan]
Content type書籍=Book
Language日文=Japanese
Note同朋選書39
Abstract親鸞聖人が説かれる「非僧非俗」「知恩報徳」「真俗二諦」などのことばや『大無量寿経』の十八願、『教行信証』の後序をとおして、私たちにとって聖人の教えがどのような意味を持つものかをあらためて考えていきます。

Table of contents
とおきはちかき道理
1 とおきものへの呼びかけ 第十八願について(一)
2 「念仏のほかなし」と定まった心 第十八願について(二)
3 唯除の文の意義 第十八願について(三)
4 現代の若者たちをどう見るか
5 真俗二諦ということ
6 二諦相依の宗風について
7 王法を本とするとは
8 なぜ機法一体なのか
9 非僧非俗ということ
10 知恩報徳の歩み
11 救われるということ
12 死に直面した人へのことば

いし・かわら・つぶてのごとくなるわれら
1 『教行信証』の分科について
2 「後序」は日本における邪偽を明らかにする
3 真に公なるもの
4 法蔵菩薩の歩み
5 「竊かに以みる」ということ
6 ねんごろのこころ
7 いし・かわら・つぶてのごとくなるわれら
8 人いずくんぞ鬼神に事えんや
9 諸寺の釈門、真仮の門戸を知らず
10 末法の現実に応えるもの
11 「予はその一なり」という表現の意味するもの
ISBN9784834103892
Hits415
Created date2008.11.03



Best viewed with Chrome, Firefox, Safari(Mac) but not supported IE

Notice

You are leaving our website for The full text resources provided by the above database or electronic journals may not be displayed due to the domain restrictions or fee-charging download problems.

Record correction

Please delete and correct directly in the form below, and click "Apply" at the bottom.
(When receiving your information, we will check and correct the mistake as soon as possible.)

Serial No.
167732

Search History (Only show 10 bibliography limited)
Search Criteria Field Codes
Search CriteriaBrowse