Site mapAbout usConsultative CommitteeAsk LibrarianContributionCopyrightCitation GuidelineDonationHome        

CatalogAuthor AuthorityGoogle
Search engineFulltextScripturesLanguage LessonsLinks
 


Extra service
Tools
Export
The Indian Buddhist Mahādeva in Tibetan Sources
Author Silk, Jonathan Alan
Source インド哲学仏教学研究=インド テツガク ブッキョウガク ケンキュウ=Studies of Indian Philosophy and Buddhism, Tokyo University
Volumev.15
Date2008.03
Pages27 - 55
Publisher東京大学インド哲学仏教学研究室=Dpt. Of Indian Philosophy and Buddhist Studies, Tokyo University
Publisher Url http://www.l.u-tokyo.ac.jp/intetsu/index.html
Location東京, 日本 [Tokyo, Japan]
Content type期刊論文=Journal Article
Language英文=English
Abstract本論文はチベット語諸資料に現れる大天(Mahādeva)の説話を論ずるものである。『大毘婆沙論』などのインド仏教文献では、根本分裂の原因は大天の五事だったとされている。これに関する説話は、チベット語で現存するテキストにも見受けられる。直接サンスクリット語原典から翻訳された仏典や論書の中だけでなく、チベット固有の文献にも同じ説話が語られている。Bu ston, 'Gos Gzhon nu dpal, Tāranātha 等の『仏教史』に言及される大天の説話の文脈は、第三結集(Pāaṭaliputra の結集)に関連して描かれているが、Saskya Paṇḍita の*Subhāṣitaratnanidhi やSdom pa gsum gyi rab tu dbye ba と、それを詳述する後の、特にSa skya 派のテキストに見られる大天の説話は全く第三結集と関係なく、「断章取義」的に挙げられている。本論文ではこのチベット語文献中の大天説話の有り方と、東アジアに見受けられる『今昔物語集』の大天説話との関係にも触れる。
ISSN09197907 (P)
DOI10.15083/00037004
Hits435
Created date2008.11.25
Modified date2021.08.31



Best viewed with Chrome, Firefox, Safari(Mac) but not supported IE

Notice

You are leaving our website for The full text resources provided by the above database or electronic journals may not be displayed due to the domain restrictions or fee-charging download problems.

Record correction

Please delete and correct directly in the form below, and click "Apply" at the bottom.
(When receiving your information, we will check and correct the mistake as soon as possible.)

Serial No.
169418

Search History (Only show 10 bibliography limited)
Search Criteria Field Codes
Search CriteriaBrowse