Site mapAbout usConsultative CommitteeAsk LibrarianContributionCopyrightCitation GuidelineDonationHome        

CatalogAuthor AuthorityGoogle
Search engineFulltextScripturesLanguage LessonsMuseumLinks
 
Bookmark and Share


Extra service
Tools
Export
「はかなさ」と日本人 -- 「無常」の日本精神史
Author 竹内整一=Takeuchi, Seiichi
Date2007.03
Pages228
Publisher平凡社=Heibonsha Limited Publishers
Publisher Url http://www.heibonsha.co.jp/
Location岩手, 日本 [Iwate, Japan]
Content type書籍=Book
Language日文=Japanese
Abstractこの世ははかない、人生はむなしい……。心の根底に横たわる、この無常感を乗り超えるべく、
古来から日本人はさまざまないとなみをなしてきた。和歌や随筆、謡曲などをさぐってみると、
それらは大きく、「夢の外へ」、「夢の内へ」、「夢と現(うつつ)のあわいへ」の三つに分けられる。この世が夢のごときものであるならば……。「はかなさ」をめぐる日本人の精神史をたどる。

Table of contents
はじめに
I 現代日本人の無常感
 1 「はか?ない」気分
   「迂路をたどるべからず」/無常の系譜をたどる
 2 「はか?ない」とは
   「心亡ぼす」ビジネス社会
 3 「儚(はかな)さ」としての無常感
   「はかない」思いのさまざまな表出/「ありてなければ」の思い
 4 「はかなさ」のゆくえ   
   「夢」の多義性/超越の三タイプ──「夢の外へ」「夢の内へ」「夢と現のあわいへ」
II 「夢の外へ」
1 「浅き夢みじ」──「いろは歌」の決意
   こえゆく先/国木田独歩の苦悩
2 地獄・極楽とは何か──『往生要集』のしかけ
   この世を厭わせる/繰り返されることのおそろしさ/極楽世界の描かれ方
   退屈な極楽世界/「楽」と「楽しい」/極楽の音楽/手だてとしての念仏
3 「どうせ」の論理──『古今集』の眼差し
   『古今集』の無常観/万葉人の人生観
4 死に急ぎの思想──『一言芳談』のラディカリズム
   「とてもかくても」/生の希薄化/自力無効の「はかなし」       
5 「いかでかはこの世のことも思ひすつべき」──和泉式部のためらい
  捨てられぬ世界/夢の両義性
6 「閑居の気味」の位置──『方丈記』の自省のあり方
   世を諦める/「閑寂に著する」──『方丈記』の微妙な位置
7 「ゆくへも知らぬわが思ひかな」──西行のふたつの「夢」
  「身を棄ててこそ身をも助けめ」/心は西方へ/驚く心、憧れ出る心
  西行のふたつの夢
III 「夢の内へ」
1 「妄執」のゆくえ──謡曲の鎮魂
   「夢の内へ」向かう/老女の妄執──「黒塚」
   現在形の「なつかしや」──「松風」/「定めなき夢心」──「井筒」
   「妄執を晴らし給へや」──「野宮」
2 「一期は夢よ ただ狂へ」──『閑吟集』の狂と情
   浮世を歌い飛ばす/「どうせ」と「いっそ」/「よしなや」の思い
   「どうせ」と「せめて」/「どうせ」・「いっそ」・「せめて」
   「花籠を月に入れて」
3 「忍ぶ恋」と「無二無三」──『葉隠』のエロティシズム
   何もかも夢の「たはぶれ」/「無二無三」な生死/忍ぶ恋/「死に狂い」の思想
   「夢覚る也」
4 「色に焦がれて死なうなら」──近松の「心中」論
   戦闘員としての武士/「一所に死ぬ」──『平家物語』/「心中」という死の選択
IV 「夢と現のあわいへ」
 1 「ありがたき不思議」──『徒然草』の存在理解
   「内在」への「超越」/ありがたき不思議/「夢の現のあわい」
 2 「ありてなければ」の美意識・倫理──「幽玄」「やさし」
   「幽玄」の美と「やさし」
 3 「俗の外に道なし」── 伊藤仁斎の日常への目覚め
   近世という時代の倫理性/仁斎による仏教・道教批判/日常現実そのものへ 
V ふたたび、現代日本人の無常感
 1 「人間の安心」論──近代日本の「無」の思想
   「人間の安心」論──福澤諭吉/尊さへの反転
   「ナカエイスム」──中江兆民/芥子粒ほどの存在──志賀直哉
2 「夢よりも深い覚醒」──見田宗介の「鮮烈ないとおしさへの感覚」
   現代のニヒリズムを考える/認識の透徹のかなたに
   鮮烈ないとおしさへの感覚/夢より深い覚醒
3 「花びらは散る 花は散らない」──「色即是空、空即是色」の論理
   色即是空、空即是色/「空即是色」の生きた表現/一滴としての存在
   孤独を突きぬける/花びらは散る、花は散らない
あとがき
引用文献・参考文献
ISBN9784582853643
Hits604
Created date2008.12.05



Best viewed with Chrome, Firefox, Safari(Mac) but not supported IE

Notice

You are leaving our website for The full text resources provided by the above database or electronic journals may not be displayed due to the domain restrictions or fee-charging download problems.

Record correction

Please delete and correct directly in the form below, and click "Apply" at the bottom.
(When receiving your information, we will check and correct the mistake as soon as possible.)

Serial No.
170262

Search History (Only show 10 bibliography limited)
Search Criteria Field Codes
Search CriteriaBrowse