Site mapAbout usConsultative CommitteeAsk LibrarianContributionCopyrightCitation GuidelineDonationHome        

CatalogAuthor AuthorityGoogle
Search engineFulltextScripturesLanguage LessonsMuseumLinks
 
Bookmark and Share


Extra service
Tools
Export
空海の企て -- 密教儀礼と国のかたち
Author 山折哲雄
Date2008.11
Pages246
Publisher角川学芸出版
Publisher Url http://www.kadokawagakugei.com/
Location東京, 日本 [Tokyo, Japan]
Content type書籍=Book
Language日文=Japanese
Note角川選書 437
Abstract平安時代の8世紀、護持僧として天皇の身体を守り、さらには国家鎮護の加持祈祷へと密教儀礼を国家規模に推し進めた空海。密教の即身成仏の思想を国家との「入我我入」というかたちで密教と国家を結びつけ、宮内大内裏に密教道場の真言院を設立して天皇と国家の鎮護を祈祷した。国の中枢に注入したこれらの密教コードによって、空海がいかにして宮内祭祀と国家統治のシステムをつくりあげたか。壮大なスケールで構想されたその企てを描く。

Table of contents
空海の「密教コード」
玄昉・道鏡につながる空海
坂口安吾の小説『道鏡』
性差から自由だった女帝
皇位継承と「カリスマ原理」
霊肉二元の感覚、心身一元の思考
幻惑の詩人、豪胆の冒険家、空海
「御修法」という治療儀礼
天皇の生命危機をどう回避してきたか
神仏協同の天皇・国家鎮護システムの危機
「統治」のための詩文の道
『三教指帰』、青年空海のさ迷える自画像
空海の創見─「即身成仏」「加持」「入我我入」
「手」と「声」─即身成仏のための両輪
国家との「入我我入」
真言院の座標
不動明王を中心にすえた真言院の堂内荘厳
密教コードとしての「摂関政治」
新嘗祭・大嘗祭の「神道コード」
三百五十年の「平安」時代と「国のかたち」
ISBN9784047034372
Hits321
Created date2009.02.26



Best viewed with Chrome, Firefox, Safari(Mac) but not supported IE

Notice

You are leaving our website for The full text resources provided by the above database or electronic journals may not be displayed due to the domain restrictions or fee-charging download problems.

Record correction

Please delete and correct directly in the form below, and click "Apply" at the bottom.
(When receiving your information, we will check and correct the mistake as soon as possible.)

Serial No.
172947

Search History (Only show 10 bibliography limited)
Search Criteria Field Codes
Search CriteriaBrowse