Site mapAbout usConsultative CommitteeAsk LibrarianContributionCopyrightCitation GuidelineDonationHome        

CatalogAuthor AuthorityGoogle
Search engineFulltextScripturesLanguage LessonsLinks
 


Extra service
Tools
Export
遊女考 - 『法然上人行状絵図』・『和漢朗詠注』=A study of harlot: a Biography of Honen and Wakanroechu
Author 中村直美 (著)=Nakamura, Naomi (au.) ; 佛教大学学術委員会大学院紀要編集委員会
Source 佛教大學大學院紀要
Volumen.36
Date2008.03
Pages145 - 154
Publisher佛教大學大學院
Location京都, 日本 [Kyoto, Japan]
Content type期刊論文=Journal Article
Language日文=Japanese
Keyword遊女; 法然上人行状絵図; 和漢朗詠注
Abstract従来、遊女の研究は近世の遊里・遊郭を中心としたものが多く、古代・中世の遊女については概略的に述べられることが多かった。その中で、起源や身分などについてさまざまな考察がなされるものの、資料の限界もあり、必ずしも見解の一致をみていないのである。近年、末法後のいわゆる鎌倉新仏教の祖師達が、女性や非人、悪人の救済を自らの重要課題としていたことが明らかになりつつある。その中の一つとして『法然上人行状絵図』巻三四の遊女教化の場面はよく知られている。しかしながら、そこに登場する遊女の姿は真に理解されてきたのかという疑問が生じるのである。そこで、これまで取上げられることはなかったものの、遊女の記述を有すと考えられる『和漢朗詠注』に注目し、遊女の様相について、若干の言及をするものである。
ISSN13442422 (P)
Hits369
Created date2009.07.17
Modified date2021.01.13



Best viewed with Chrome, Firefox, Safari(Mac) but not supported IE

Notice

You are leaving our website for The full text resources provided by the above database or electronic journals may not be displayed due to the domain restrictions or fee-charging download problems.

Record correction

Please delete and correct directly in the form below, and click "Apply" at the bottom.
(When receiving your information, we will check and correct the mistake as soon as possible.)

Serial No.
183308

Search History (Only show 10 bibliography limited)
Search Criteria Field Codes
Search CriteriaBrowse