Site mapAbout usConsultative CommitteeAsk LibrarianContributionCopyrightCitation GuidelineDonationHome        

CatalogAuthor AuthorityGoogle
Search engineFulltextScripturesLanguage LessonsLinks
 


Extra service
Tools
Export
『八幡宇佐宮御託宣集』における「幽玄」の論理 - 託宣と本地をめぐって
Author 村田真一 (著)=Murata, Shinichi (au.) ; 佛教大学学術委員会大学院紀要編集委員会
Source 佛教大學大學院紀要
Volumen.33
Date2005.03
Pages49 - 64
Publisher佛教大學大學院
Location京都, 日本 [Kyoto, Japan]
Content type期刊論文=Journal Article
Language日文=Japanese
Keyword八幡大菩薩; 本地幽玄; 中世八幡信仰; 八幡宇佐宮御託宣集; 託宣
Abstract宇佐弥勒寺の僧神吽が編述した『八幡宇佐宮御託宣集』は、中世八幡信仰を知る上で重要なテキストである。八幡大菩薩の本地は、一般的には釈迦・阿弥陀とされることが多い。しかし、『託宣集』では釈迦・阿弥陀の両者とも八幡大菩薩の本地とはされておらず、しかも神吽は八幡大菩薩を「本地幽玄」として、その本地が不可知であることを示している。この言説は、八幡信仰だけではなく、神仏習合思想の中でも特殊なものである。託宣によって意思を表明する八幡大菩薩は『託宣集』において、中世的な本地垂迹説を受容しながらも、そこから突出するものとしてあらわれているのである。
Table of contentsはじめに 49
一、顕現記事と釈迦 50
二、殺生の罪と出家 53
三、阿弥陀本地説をめぐって 56
四、託宣神と「本地幽玄」の論理 59
ISSN13442422 (P)
Hits393
Created date2009.07.17
Modified date2021.01.13



Best viewed with Chrome, Firefox, Safari(Mac) but not supported IE

Notice

You are leaving our website for The full text resources provided by the above database or electronic journals may not be displayed due to the domain restrictions or fee-charging download problems.

Record correction

Please delete and correct directly in the form below, and click "Apply" at the bottom.
(When receiving your information, we will check and correct the mistake as soon as possible.)

Serial No.
183339

Search History (Only show 10 bibliography limited)
Search Criteria Field Codes
Search CriteriaBrowse