Site mapAbout usConsultative CommitteeAsk LibrarianContributionCopyrightCitation GuidelineDonationHome        

CatalogAuthor AuthorityGoogle
Search engineFulltextScripturesLanguage LessonsLinks
 


Extra service
Tools
Export
石山寺兜跋毘沙門天像に関する一試論
Author 近藤謙 (著)=Kondo, Yuzuru (au.) ; 佛教大学学術委員会大学院紀要編集委員会
Source 佛教大學大學院紀要
Volumen.32
Date2004.03
Pages17 - 34
Publisher佛教大學大學院
Location京都, 日本 [Kyoto, Japan]
Content type期刊論文=Journal Article
Language日文=Japanese
Keyword兜跋毘沙門天; 聖宝; 醍醐寺; 石山寺
Abstract本論は、石山寺兜跋毘沙門天像に関して、その図像的特徴および造像主導者を、作品自体の有する情報と石山寺自体の平安初期における密教化という二点から分析しようと試みたものである 。兜跋毘沙門天には西域色の濃厚な東寺像、中国化された延暦寺神将形式像、両者の折衷様という三類型が存在し、石山寺像はこの内延暦寺系に属する、とされてきた 。本論ではこの点に関し通説と異なり、東寺像特有のモティーフが数多く石山寺に認められることを指摘し、兜跋毘沙門天像の形式分類を再検討している。また石山寺の密教化に貢献した醍醐寺が石山寺像の造像を主導した可能性に関し、上醍醐知意輪堂と石山寺の尊像構成の比較を通じて分析した。
Table of contents問題の所在 17
東寺像の位置づけ 21
第一章 日本における近年の兜跋毘沙門天研究と石山寺像 22
一、松浦氏説 22
二、丸山氏説 23
三、石山寺像の図像的検討 25
第二章 石山寺兜跋毘沙門天像の造像と出現背景 27
一、平安初期の石山寺 27
二、石山寺像と聖宝 27
三、新様毘沙門天としての石山寺像 30
結論 31
ISSN13442422 (P)
Hits408
Created date2009.07.17
Modified date2021.01.13



Best viewed with Chrome, Firefox, Safari(Mac) but not supported IE

Notice

You are leaving our website for The full text resources provided by the above database or electronic journals may not be displayed due to the domain restrictions or fee-charging download problems.

Record correction

Please delete and correct directly in the form below, and click "Apply" at the bottom.
(When receiving your information, we will check and correct the mistake as soon as possible.)

Serial No.
183345

Search History (Only show 10 bibliography limited)
Search Criteria Field Codes
Search CriteriaBrowse