Site mapAbout usConsultative CommitteeAsk LibrarianContributionCopyrightCitation GuidelineDonationHome        

CatalogAuthor AuthorityGoogle
Search engineFulltextScripturesLanguage LessonsLinks
 


Extra service
Tools
Export
菩薩道から見たクローン人間の意味
Author 北浦賢一 ; 佛教大学学術委員会大学院紀要編集委員会
Source 佛教大學大學院紀要
Volumen.32
Date2004.03
Pages123 - 130
Publisher佛教大學大學院
Location京都, 日本 [Kyoto, Japan]
Content type期刊論文=Journal Article
Language日文=Japanese
Keyword生殖技術; 遺伝子; 親子関係; クローン人間
Abstractこれまでクローン人間という存在は、映画やアニメーションなどの空想世界のイメージでしかあり得なかった。しかし、クローン羊「ドリー」の誕生は同じ哺乳類に属している人間にも生殖技術としてのクローン技術を応用することが可能になったことを示している。本論ではクローン技術を人間に応用する時に生じる問題を、従来の文化的社会的定義と親子間で同じ遺伝子を求めようとする動きに照らしつつ、二人の仏教者の発言をもとに考察した。そして、クローン人間も不妊治療の一つであり、それは親子関係の多様化を意味している。日常生活の規範として仏教を採用している人々は、生まれ方の違いによって態度を変えずに接することが必要であり、それは大乗菩薩道を修めることにつながる。
Table of contentsはじめに 123
1. 遺伝子が同じということ 124
2. 人間らしい生命の誕生とは 126
おわりに 128
ISSN13442422 (P)
Hits431
Created date2009.07.17
Modified date2021.01.13



Best viewed with Chrome, Firefox, Safari(Mac) but not supported IE

Notice

You are leaving our website for The full text resources provided by the above database or electronic journals may not be displayed due to the domain restrictions or fee-charging download problems.

Record correction

Please delete and correct directly in the form below, and click "Apply" at the bottom.
(When receiving your information, we will check and correct the mistake as soon as possible.)

Serial No.
183352

Search History (Only show 10 bibliography limited)
Search Criteria Field Codes
Search CriteriaBrowse