Site mapAbout usConsultative CommitteeAsk LibrarianContributionCopyrightCitation GuidelineDonationHome        

CatalogAuthor AuthorityGoogle
Search engineFulltextScripturesLanguage LessonsLinks
 


Extra service
Tools
Export
法然の三心について - その動態と志向=Honen's Three Minds: Dynamics and Intentionality
Author 佛教大学学術委員会大学院紀要編集委員会 ; 市川定敬 (著)=Ichikawa, Sadataka (au.)
Source 佛教大學大學院紀要
Volumen.31
Date2003.03
Pages1 - 14
Publisher佛教大學大學院
Location京都, 日本 [Kyoto, Japan]
Content type期刊論文=Journal Article
Language日文=Japanese
Keyword至誠心; 深心; 廻向発願心; 法然; 三心
Abstract法然浄土教思想は、安心・起行・作業という概念によって体系づけられる。この体系が成立するのは、浄土教信仰という次元においてである。従って、信仰以前ではこれらは問題になり得ない。しかし、安心である三心中の深心は深信と解釈され、その内容に信機・信法を持つ。そして、この信機は自身に対する信であり、これが人間の問題として捉えられ、ここに信仰以前から信仰への緒が見られると思われる。そこで、この信機を手がかりに信仰以前から信仰へ、また、法然が「信」ということをどのように規定しているか、さらにそれを踏まえた上で、至誠心・深心・廻向発願心の相互関係を、三心の動態とその志向において捉え、これらを辿ることにより、行としての口称念仏、また作業としての四修ということの関わりを明らかにする。また、それが法然浄土教においてのみの問題ではなく、人間が人間として存在する上で、普遍的な.問題となりうるのかを考察する。
Table of contents一、はじめに 1
二、三心具足の様態 2
三、信機と信法 3
四、三心の相関と動態 7
五、三心具足と念仏相続 9
六、結び 10
ISSN13442422 (P)
Hits403
Created date2009.07.17
Modified date2021.01.12



Best viewed with Chrome, Firefox, Safari(Mac) but not supported IE

Notice

You are leaving our website for The full text resources provided by the above database or electronic journals may not be displayed due to the domain restrictions or fee-charging download problems.

Record correction

Please delete and correct directly in the form below, and click "Apply" at the bottom.
(When receiving your information, we will check and correct the mistake as soon as possible.)

Serial No.
183353

Search History (Only show 10 bibliography limited)
Search Criteria Field Codes
Search CriteriaBrowse