Site mapAbout usConsultative CommitteeAsk LibrarianContributionCopyrightCitation GuidelineDonationHome        

CatalogAuthor AuthorityGoogle
Search engineFulltextScripturesLanguage LessonsLinks
 


Extra service
Tools
Export
Adhyavasāyaとsamāropa=Adhyavasāya and samāropa
Author 佛教大学学術委員会大学院紀要編集委員会 ; 藤井真聖 (著)=Fujii, Shinsei (au.)
Source 佛教大學大學院紀要
Volumen.29
Date2001.03
Pages15 - 24
Publisher佛教大學大學院
Location京都, 日本 [Kyoto, Japan]
Content type期刊論文=Journal Article
Language日文=Japanese
Keywordadhyavasāya; samāropa; ダルマキールティ
Abstract本論は、adhyavasayaについて考察することを主題としている。adhyavasayaとはインドにおいてvikalpaやniscayaなどと共に、論理学でいうところの「判断(judgement)」に相当するものとして考察が行われてきた。仏教ではこの語は、ダルマキールティの認識論において特に重要な位置を占め、彼以降の論師達に多大なる影響を与えた。よってこのadhyavasayaがどのような背景をもって使用されたのか、そして、ダルマキールティの認識論においてはどのような役割をになってきたのかという点は重要であり、先学の研究も多く存在する。本論ではこれらの研究をもとにadhyavasayaにおける問題点を考察すると共に、それとよく似た働きを持つとされるsamaropaにも注目し、相違点や共通点について検討してゆきたい。
Table of contents1. はじめに 15
2. 認識におけるadhyavasaya 16
3. samaropaについて 17
4. ダルマキールティにおけるadhyavasayaとpratibandha 19
5. 後代のadhyavasayaとsamaropa 20
6. 結論 21
ISSN13442422 (P)
Hits352
Created date2009.07.20
Modified date2021.01.12



Best viewed with Chrome, Firefox, Safari(Mac) but not supported IE

Notice

You are leaving our website for The full text resources provided by the above database or electronic journals may not be displayed due to the domain restrictions or fee-charging download problems.

Record correction

Please delete and correct directly in the form below, and click "Apply" at the bottom.
(When receiving your information, we will check and correct the mistake as soon as possible.)

Serial No.
201220

Search History (Only show 10 bibliography limited)
Search Criteria Field Codes
Search CriteriaBrowse