Site mapAbout usConsultative CommitteeAsk LibrarianContributionCopyrightCitation GuidelineDonationHome        

CatalogAuthor AuthorityGoogle
Search engineFulltextScripturesLanguage LessonsMuseumLinks
 
Bookmark and Share


Extra service
Tools
Export
Jayantaの唯識批判:Nyayamanjari「認識一元論批判」和訳=Jayanta's Critique of Vijnaptimatrata: An Annotated Translation of the Vijnanadvaitavada Section of the Nyayamanjari
Author Bhatta, Jayanta ; 片岡啓 (譯)=Kataoka, Kei (tr.)
Source 哲学年報=Annual of Philosophy=テツガク ネンポウ
Volumev.65
Date2006.03.01
Pages39 - 85
Publisher九州帝國大學哲學研究會
Publisher Url http://www2.lit.kyushu-u.ac.jp/~philosophy/
Location福岡, 日本 [Fukuoka, Japan]
Content type期刊論文=Journal Article
Language日文=Japanese
Note作者單位:九州大学大学院人文科学研究院哲学部門インド哲学史
Table of contentsはじめに 39
科文(synopsis) 41
1 前章との関係 44
1.1 要約頌 44
1.2 不二一元論の不可能 (前章の内容) 44
1.3 認識一元論 (唯識説)の可能 (本章の前主張) 44
2 疑惑 :一形象が属 すのは対象か認識か 44
2.1 外界実在論者からの唯散の可能性への疑問 44
2.2 問題設定 45
2.2.1 現れている形象は一つか二つか 45
2.2.2 二つなら考察の余地な 45
2.2.3 -つなら考察 :形象基体は対象か認識か 45
3 前主張 (唯識説):形象は認識に属す 46
3.1 想定が少ないので 46
3.1.1 対象形象説では対象と認識の二つを想定 46
3.1.2 対象一元論 と認識一元論との実質的な無差異
3.1.3 両者が認める認識への一元論 47
3.1.4 結論 :想定が少ないので形象は言忍散に属す 47
3.2 言愚詠は輝き出させるものなので 47
3.2.1 輝 き出させるものである意思鼓は先に把握される 47
3.2.2 認識における無把握の二条件の無 48
3.2.3 無限連鎖 48
3.2.4 結論 :言忍識把握の先行必要 49
3.3 反省的認識が見られるので 49
3.3.1 認識把握の先行性 49
3.3.2 把握 される認識は有形象 50
3.3.3 外界対象の不要 50
3.4 無形象では認識を対象毎に区分設定できないので 50
3.4.1 特定の ものを対象 とすることは有形象認識でのみ説明可能 50
3.4.2 対象 と認識の因果関係による特定化は逸脱す 50
3.4.3 結論 :青の形象を持つことが青を対象 とすること 51
3.4.4 帰結 :pramanaの語源解釈の正当化可能 51
3.4.5 有形象認識の世間周知 51
3.4.6 まとめ :対象毎の区分設定のために有形象必要 52
3.5 経量部説批判 52
3.5.1 軽量部説紹介 52
3.5.2 水晶の実例批判 :認識 との非並行 52
3.5.3 ニ形象批判 53
3.5.3.1 無限連銀に陥る 53
3.5.3.2 自己認識なら対象形象不要 54
3.5.4 外界対象推論批判 54
3.5.4.1 有形象認識の現れは外界対象なしでも可能 54
3.5.4.2 無知の潜在印象による説明可能 54
3.5.4.3 潜在印象 と認識の無始の相互的因果関係 55
3.5.5 まとめ 55
3.6 対象 と対象認識は常に一緒に見られるので 55
3.6.1 言忍散と形象の肯定的随伴 ・否定的随伴 55
3.6.2 対象 と認識は非別 55
3.7 「形象-接触の属性」説批判 56
3.8 同一対象に矛盾する複数の属性は共存 しないので 56
3.8.1 矛盾属性の実例 56
3.8.1.1 同一対象を指示する異性同義語 56
3.8.1.2 同一対象の異なる現われ 56
3.8.1.3 性 ・数に関する対象 と言葉のずれ 57
3.8.1.4 相対的な長短の形象 57
3.8.2 葺忍識一元論による説明可能 57
3.8.3 対象 ・手段 ・結果-の認識の三分 57
3.8.3.1 認識の三分 57
3.8.3.2 潜在印象の活動 ・停止による認識の分割 ・透明 58
3.8.3.3 Dharmakirtiのこ詩節 58
3.9 結語 58
4 定説 59
ISSN04928199 (P)
Hits96
Created date2009.09.22
Modified date2020.07.01



Best viewed with Chrome, Firefox, Safari(Mac) but not supported IE

Notice

You are leaving our website for The full text resources provided by the above database or electronic journals may not be displayed due to the domain restrictions or fee-charging download problems.

Record correction

Please delete and correct directly in the form below, and click "Apply" at the bottom.
(When receiving your information, we will check and correct the mistake as soon as possible.)

Serial No.
210925

Search History (Only show 10 bibliography limited)
Search Criteria Field Codes
Search CriteriaBrowse