Site mapAbout usConsultative CommitteeAsk LibrarianContributionCopyrightCitation GuidelineDonationHome        

CatalogAuthor AuthorityGoogle
Search engineFulltextScripturesLanguage LessonsMuseumLinks
 
Bookmark and Share


Extra service
Tools
Export
酒井得元老師著作集(二) -- 道元禅の解明
Author 酒井得元
Date2009.10
Pages358
Publisher大法輪閣
Publisher Url http://www.daihorin-kaku.com/
Location東京, 日本 [Tokyo, Japan]
Content type書籍=Book
Language日文=Japanese
Note酒井得元、明治45年、名古屋市に生まれる。昭和10年駒澤大学仏教学科卒業。11年、京都紫竹林学堂に入り、京都大学文学部哲学科専科に3年間在学。同14年春、大本山総持寺に安居、後堂であった澤木興道老師に遭う。秋、大本山永平寺安居。16年、澤木老師の天暁禅苑(栃木県・大中寺。19年10月解散)に入り、以後澤木老師に師事。昭和24年より62年まで駒澤大学に奉職。文学博士・名誉教授。32年、金沢市・大乗寺に宗立僧堂が開かれ、澤木老師と共に雲水を指導(37年閉単)。52年より62年まで大本山永平寺眼蔵会講師。平成8年11月22日遷化。
Abstract無所得・無所悟・只管打坐、この道元禅の根本を、仏性・法界・授記・信決定・見性などの重要語を論題にして、諸経論・祖録をもとに解き明かす。道元禅師の教えを、大乗仏教の根本より、真正面から学ぼうとする人に最良の書。

Table of contents
序に代えて 河村 孝道
【一】因縁の考察
【二】存在と仏性
【三】仏性の性格
【四】『正法眼蔵』における什麼の意義
【五】仏性と時節
【六】法界の論理的考察
【七】『正法眼蔵』仏性の巻研究序説
【八】授記の意義について
【九】道元禅師の信決定について
【十】永平高祖の見性批判について
【十一】『六祖壇経』における見性の意義
【十二】禅における行の意義
【十三】『六祖壇経』における自性について
【十四】黙照禅の本質
【十五】禅における身体の意義について
【十六】『正法眼蔵』と『伝光録』について
【十七】大乗戒義と禅戒の源流としての『梵網経略抄』
【十八】天台止観と只管打坐
索引
後記 能勢隆之
ISBN9784804612904 (平)
Hits232
Created date2010.01.29
Modified date2010.07.28



Best viewed with Chrome, Firefox, Safari(Mac) but not supported IE

Notice

You are leaving our website for The full text resources provided by the above database or electronic journals may not be displayed due to the domain restrictions or fee-charging download problems.

Record correction

Please delete and correct directly in the form below, and click "Apply" at the bottom.
(When receiving your information, we will check and correct the mistake as soon as possible.)

Serial No.
222070

Search History (Only show 10 bibliography limited)
Search Criteria Field Codes
Search CriteriaBrowse