Site mapAbout usConsultative CommitteeAsk LibrarianContributionCopyrightCitation GuidelineDonationHome        

CatalogAuthor AuthorityGoogle
Search engineFulltextScripturesLanguage LessonsLinks
 


Extra service
Tools
Export
沙門果経 -- 仏道を歩む人は瞬時に幸福になる
Author アルボムッレ・スマナサーラ=Alubomulle Sumanasara
Date2009.05
Pages353
Publisherサンガ=samgha publishing Co.,Ltd.
Publisher Url http://www.samgha.co.jp/
Location仙台, 日本 [Sendai, Japan]
Content type書籍=Book
Language日文=Japanese
Note初期仏教経典解説シリーズ 1, アルボムッレ・スマナサーラ,スリランカ上座仏教(テーラワーダ仏教)長老。1945年4月、スリランカ生まれ。スリランカ仏教界長老。13歳で出家得度。国立ケラニヤ大学で仏教哲学の教鞭をとる。1980年に来日。駒澤大学大学院博士課程を経て、現在は(宗)日本テーラワーダ仏教協会で初期仏教の伝道と瞑想指導に従事している。朝日カルチャーセンター(東京)の講師を務めるほか、NHK教育テレビ「こころの時代」などにも出演(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
Abstract「出家をすると何か果報(利益)がありますか?」悩める若き王様の質問に、お釈迦様は完璧に答えられました。「仏教で得られる結果」が一気にわかる最古層の教え。古くから受け継がれてきた仏教経典が、現代日本語のいきいきとした解説で蘇る。

Table of contents
第1部 王様の質問
満月の日には「心」を磨く
「六師外道」は宗教界の革命家たち
ジーヴァカ医師の推薦
(ほか)
第2部 六師外道
「非業論」を説く哲学者プーラナ・カッサパ
完全な「定め論」を説くマッカリ・ゴーサーラ
厳密な「唯物論」の哲学者アジタ・ケーサカンバラ
(ほか)
第3部 ブッダの話
第一の沙門の果報
第二の沙門の果報
さらに優れた沙門の果報
(ほか)
ISBN9784904507162
Hits716
Created date2010.08.18
Modified date2010.08.18



Best viewed with Chrome, Firefox, Safari(Mac) but not supported IE

Notice

You are leaving our website for The full text resources provided by the above database or electronic journals may not be displayed due to the domain restrictions or fee-charging download problems.

Record correction

Please delete and correct directly in the form below, and click "Apply" at the bottom.
(When receiving your information, we will check and correct the mistake as soon as possible.)

Serial No.
370183

Search History (Only show 10 bibliography limited)
Search Criteria Field Codes
Search CriteriaBrowse