Site mapAbout usConsultative CommitteeAsk LibrarianContributionCopyrightCitation GuidelineDonationHome        

CatalogAuthor AuthorityGoogle
Search engineFulltextScripturesLanguage LessonsLinks
 


Extra service
Tools
Export
雲門 -- 建て前と本音のはざまに生きる
Author 永井政之 ; 田中良昭 ; 石井修道 ; 椎名宏雄
Date2008.05
Pages282
Publisher臨川書店=Rinsen Book Co.
Publisher Url http://www.rinsen.com/
Location東京, 日本 [Tokyo, Japan]
Content type書籍=Book
Language日文=Japanese
Note出自「唐代の禅僧」第11卷。永井政之(ながい・まさし),駒澤大学教授。
Abstract名は文偃。雪峰義存の法嗣。南方の雲門山(広東省)を道場に南漢王の帰依を受け、生涯ここで禅風を鼓舞した唐末五代の禅界を代表する巨匠。雲門宗の宗祖であり、その門下は北宋代の天下を席巻する。雲門の禅風は機峰の鋭い精妙孤高とされ、一代の語録『雲門広録』三巻の中に見ることができる。雲門の教示や機関としては「一字関」「日々これ好日」「花薬欄」「修行の三病」等が名高い。

[要旨]
「日日是好日(にちにちこれこうにち)」の真意とは ─公案集『碧巌録』に多くその言動が収録され、今でも身近なところにその言葉が残る、雲門文偃。唐末から五代という動乱の時代に、政治権力と緊密な関係を保ちつつ、多くの弟子を育て、特に北宗の時代に禅界を席巻した雲門宗の派祖、雲門の実像に迫る。

Table of contents
第1章 雲門文偃の伝記
    雲門の伝記資料/文偃とその時代/雲門文偃のミイラとその後の雲門山
第2章 雲門の禅
    『祖堂集』と『禅林僧宝伝』にみる雲門の禅/『雲門広録』成立への道
雪竇・圜悟がとらえた雲門像と『雲門広録』/『雲門広録』にあらわれた雲門の禅/
雲門の禅 -私見-
第3章 雲門宗の人々
    雲門禅の後継者たち/薦福承古 -亡き雲門に嗣承香を焚く/雪竇重顕 -雲門宗中興の祖-
    仏印了元と蘇東坡/円照宗本 -相国寺慧林禅院初代住持/長蘆宗賾 -『禅苑清規』と民衆教化
    慈受懐深 -真っ当ゆえの異端-

ISBN9784653040019
Hits992
Created date2010.07.07
Modified date2010.07.07



Best viewed with Chrome, Firefox, Safari(Mac) but not supported IE

Notice

You are leaving our website for The full text resources provided by the above database or electronic journals may not be displayed due to the domain restrictions or fee-charging download problems.

Record correction

Please delete and correct directly in the form below, and click "Apply" at the bottom.
(When receiving your information, we will check and correct the mistake as soon as possible.)

Serial No.
370752

Search History (Only show 10 bibliography limited)
Search Criteria Field Codes
Search CriteriaBrowse