Site mapAbout usConsultative CommitteeAsk LibrarianContributionCopyrightCitation GuidelineDonationHome        

CatalogAuthor AuthorityGoogle
Search engineFulltextScripturesLanguage LessonsLinks
 


Extra service
Tools
Export
正法眼蔵生死を味わう
Author 内山興正=Uchiyama, Kosho
Date2010.01
Pages200
Publisher大法輪閣=Daihorin-kaku
Publisher Url http://www.daihorin-kaku.com/
Location東京, 日本 [Tokyo, Japan]
Content type書籍=Book
Language日文=Japanese
Note著者紹介:内山興正(ウチヤマコウショウ)明治45年、東京に生まれる.早稲田大学西洋哲学科を卒業、さらに2年間同大学院に在籍後、宮崎公教神学校教師となる.昭和16年、澤木興道老師について出家得度.以来坐禅修行一筋に生き、昭和40年澤木老師遷化の後は、安泰寺堂頭として10年間弟子の育成と坐禅の普及に努める.平成10年3月13日、示寂(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)。四六判上製;単行本
Abstract和文で書かれているため、これまであまり解説されてこなかった道元禅師の主著『正法眼蔵』「生死」巻。昭和の名僧、澤木老師の下で坐禅一筋に生き、その後を継いだ著者が、実体験をもとに解き明かす。

Table of contents
序文
正法眼蔵 生死を味わう

まえがき
正法眼蔵 生死 原文

〈一〉「死」を見つめない生き方は本当の生き方ではない。
〈二〉新興宗教のあくどい手口─その責任は「死」を明らめない方便仏教にある。
〈三〉「仏」とは、不去不来にして如去如来、天地一杯の大生命を指す。
〈四〉葬式などはしなくてもいい。身近な者の死にぎわを看取ることが大切なのだ。
〈五〉「死」こそが、人間ギリギリの一番大事なところなのだ。
〈六〉人生「神も仏もあるものか」と思うときだって必ずある。
〈七〉本当の「悪」とは何か本当の「善」とは何か。
〈附〉西有穆山「正法眼蔵啓迪・現成公案」より
生存と生命

生死詩抄
あとがき
後記(櫛谷宗則)
ISBN9784804612959
Hits626
Created date2010.07.27
Modified date2010.07.27



Best viewed with Chrome, Firefox, Safari(Mac) but not supported IE

Notice

You are leaving our website for The full text resources provided by the above database or electronic journals may not be displayed due to the domain restrictions or fee-charging download problems.

Record correction

Please delete and correct directly in the form below, and click "Apply" at the bottom.
(When receiving your information, we will check and correct the mistake as soon as possible.)

Serial No.
371354

Search History (Only show 10 bibliography limited)
Search Criteria Field Codes
Search CriteriaBrowse