Site mapAbout usConsultative CommitteeAsk LibrarianContributionCopyrightCitation GuidelineDonationHome        

CatalogAuthor AuthorityGoogle
Search engineFulltextScripturesLanguage LessonsMuseumLinks
 
Bookmark and Share


Extra service
Tools
Export
親鸞からの手紙
Author 阿満利麿=Ama, Toshimaro
Date2010.06.09
Pages288
Publisher筑摩書房=Chikumashobo
Publisher Url http://www.chikumashobo.co.jp
Location京都, 日本 [Kyoto, Japan]
Content type書籍=Book
Language日文=Japanese
Note阿満利麿,1939年生まれ。京都大学教育学部卒業後、NHK入局。社会教養部チーフ・ディレクター、明治学院大学国際学部教授を経て、現在明治学院大学名誉教授。日本宗教思想史専攻。『宗教の深層』『宗教は国家を超えられるか』『法然の衝撃』『親鸞・普遍への道』(以上、ちくま学芸文庫)、『無宗教からのav異抄b読解』『日本人はなぜ無宗教なのか』『人はなぜ宗教を必要とするのか』(以上、ちくま新書)、『社会をつくる仏教』(人文書院)、『選択本願念仏集』(角川ソフィア文庫)など著書多数。
Abstract親鸞が、もっとも信頼する人びとや、最愛の弟子たちと交わした、胸を打つ手紙の集成。その現存する手紙全42通の現代語訳と解説で親鸞の心中に迫る。最新の親鸞研究の成果にもとづき、全書簡を書かれた順に構成。これにより、子息善鸞の義絶事件などの人間的苦悩と、煩悩具足の凡夫であることの自覚から、ひたすら阿弥陀仏の本願(専修念仏)に帰命する姿が、より鮮明に立ち現れる。それは、仏教を貴族や支配階級のもとから解放し、真に民衆のものとして、多くの衆生を獨世から救おうとする姿にほかならない。現代にも脈々と生きる、親鸞の力強い実践思想へのこのうえない入門書。

Table of contents
いや女を譲り渡すこと
有念無念のこと
薬あればとて毒をこのむべからず
明法の御房が往生をとげたこと
悪は存分に行うのがよいのか
争論を慎むこと
神仏を軽んじてはならない
ことさらに悪をこのむ人
他力には義なきを義とす
善鸞に同調する人々〔ほか〕
ISBN9784480093004
Hits294
Created date2010.08.27



Best viewed with Chrome, Firefox, Safari(Mac) but not supported IE

Notice

You are leaving our website for The full text resources provided by the above database or electronic journals may not be displayed due to the domain restrictions or fee-charging download problems.

Record correction

Please delete and correct directly in the form below, and click "Apply" at the bottom.
(When receiving your information, we will check and correct the mistake as soon as possible.)

Serial No.
372317

Search History (Only show 10 bibliography limited)
Search Criteria Field Codes
Search CriteriaBrowse