Site mapAbout usConsultative CommitteeAsk LibrarianContributionCopyrightCitation GuidelineDonationHome        

CatalogAuthor AuthorityGoogle
Search engineFulltextScripturesLanguage LessonsLinks
 


Extra service
Tools
Export
隋唐佛教文物史論考
Author 礪波護
Volume別冊
Date2016.04
Pages438
Publisher法蔵館
Publisher Url http://www.hozokan.co.jp/
Location京都, 日本 [Kyoto, Japan]
Content type書籍=Book
Language日文=Japanese
NoteA5

著者紹介:
1937年、東大阪市生まれ。八尾高校を経て、60年に京都大學文學部史學科東洋史學専攻卒業。同大學大學院博士課程を了え、京都大學人文科學研究所助手、神戸大學文學部助教授、京都大學人文科學研究所教授、同大學大學院文學研究科教授を歴任し、2001年、停年退官。京都大學名譽教授。その後、大谷大學文學部教授、同大學博物館館長を勤める。文學博士。専門は中国の政治・社會・宗教史。(本データはこの書籍の刊行当時に掲載されていたものです。)
Contents note隋唐の佛敎と國家、祀天神と釋奠、隋唐の石刻、遣隋使と遣唐使の四部構成。
「嵩岳少林寺碑考」「唐代の過所と公験」をはじめとする著者の代表作に新稿と関連コラムを併せた決定版。
Table of contents[Table of Contents]

第Ⅰ部 隋唐の佛敎と國家
第一章 天壽國と重興佛法の菩薩天子と
第二章 法琳の事蹟にみる唐初の佛敎・道敎と國家
第三章 嵩岳少林寺碑考
コラム1 嵩岳少林寺碑
第四章 玄祕塔碑考
第五章 文物に現れた北朝隋唐の佛敎
コラム2 塚本善隆著『大石佛』
コラム3 京都大學人文科學硏究所の宗敎硏究室
附 章 禮敬問題――東晉から唐代まで――

第Ⅱ部 祀天神と釋奠
第一章 中國の天神・雷神と日本の天神信仰
第二章 唐代の釋奠
コラム1 寒⻝展墓の開始
第三章 釋迢空『死者の書』と唐代の宗敎
附 章 「兩晉時代から大唐世界帝國へ」補遺
コラム2 E・H・シェーファー著 『サマルカンドの金の桃――唐代の異國文物の硏究――』序言

第Ⅲ部 隋唐の石刻
第一章 唐代長安の石刻――その社會的・政治的背景――
コラム1 決定版『雲岡石窟』――世界に誇る石窟寺院硏究の金字塔――
第二章 京都大學所藏の唐墓誌
第三章 魏徵撰の李密墓誌銘――石刻と文集との間――
コラム2 魏徵の李密墓誌銘

第Ⅳ部 遣隋使と遣唐使
第一章 遣隋使と遣唐使
第二章 遣唐使の二つの墓誌――美努岡萬と井眞成――
コラム1 圓仁――日本最初の大師「慈覺大師」の見聞記――
コラム2 「漢俳」第一號に寄せて
第三章 唐代の過所と公驗
附 章 入唐僧と旅行記
初出一覽
後 記
索 引
ISBN9784831873927
Hits524
Created date2016.06.24
Modified date2016.06.24



Best viewed with Chrome, Firefox, Safari(Mac) but not supported IE

Notice

You are leaving our website for The full text resources provided by the above database or electronic journals may not be displayed due to the domain restrictions or fee-charging download problems.

Record correction

Please delete and correct directly in the form below, and click "Apply" at the bottom.
(When receiving your information, we will check and correct the mistake as soon as possible.)

Serial No.
566227

Search History (Only show 10 bibliography limited)
Search Criteria Field Codes
Search CriteriaBrowse