Site mapAbout usConsultative CommitteeAsk LibrarianContributionCopyrightCitation GuidelineDonationHome        

CatalogAuthor AuthorityGoogle
Search engineFulltextScripturesLanguage LessonsMuseumLinks
 


Extra service
Tools
Export
近代の仏教思想と日本主義
Author 石井公成 ; 近藤俊太郎 ; 名和達宣
Date2020.09
Pages572
Publisher法藏館書店
Publisher Url http://www.hozokanshop.com/Default.aspx
Location京都, 日本 [Kyoto, Japan]
Content type書籍=Book
Language日文=Japanese
Note石井 公成:専攻は仏教とその周辺文化。駒澤大学教授。
近藤 俊太郎:専攻は仏教史学。本願寺史料研究所研究員、龍谷大学非常勤講師。
名和 達宣:専攻は日本近代思想史・真宗学。真宗大谷派教学研究所所員。
Abstract仏教者や知識人たちは、「日本主義」へ傾倒していく時代といかに向き合い、いかに仏教を再編したのか。その思想的格闘の軌跡を追う。
Table of contents仏教思想と日本主義への入射角――序にかえて(近藤俊太郎)
【総論】日本主義と仏教(石井公成)

第Ⅰ部 親鸞・聖徳太子
真宗大谷派の教学と日本主義――曽我量深を基点として(名和達宣)
真宗本願寺派の教学と日本主義――梅原真隆を通して(内手弘太)
聖徳太子と日本主義――金子大榮を中心に(東 真行)
『原理日本』と聖徳太子――井上右近・黒上正一郎・蓑田胸喜を中心に(中島岳志)
民族主義の体系と形式――三井甲之とその門弟(藤井祐介)

第Ⅱ部 日蓮・禅
日蓮主義と日本主義――田中智学における「日本による世界統一」というビジョンをめぐって(ユリア・ブレニナ)
日蓮主義と日本主義との衝突――日中戦争期における東亜連盟運動(クリントン・ゴダール)
鈴木大拙『日本的霊性』再考――仏教を超える新「日本宗教」(ステファン・グレイス)
臨済宗と「日本精神」――関精拙、古川堯道を中心に(大竹 晋)
禅・華厳と日本主義――市川白弦と紀平正美の比較分析を通じて(飯島孝良)

第Ⅲ部 教養・修養・転向
本居宣長と日本主義――暁烏敏による思想解釈を通して(齋藤公太)
日本回帰の思想構造――亀井勝一郎の場合(碧海寿広)
吉川英治と日本主義――修養する武蔵と親鸞(大澤絢子)
日本主義の主体性と抗争――原理日本社・京都学派・日本神話派(栗田英彦)
親鸞とマルクス主義――佐野学の思想経験を中心に(近藤俊太郎)

まとめと展望(近藤俊太郎・名和達宣)

あとがき――課題としてのX(名和達宣)

執筆者紹介
ISBN9784831855602
Hits46
Created date2020.10.27
Modified date2020.12.01



Best viewed with Chrome, Firefox, Safari(Mac) but not supported IE

Notice

You are leaving our website for The full text resources provided by the above database or electronic journals may not be displayed due to the domain restrictions or fee-charging download problems.

Record correction

Please delete and correct directly in the form below, and click "Apply" at the bottom.
(When receiving your information, we will check and correct the mistake as soon as possible.)

Serial No.
598896

Search History (Only show 10 bibliography limited)
Search Criteria Field Codes
Search CriteriaBrowse