Site mapAbout usConsultative CommitteeAsk LibrarianContributionCopyrightCitation GuidelineDonationHome        

CatalogAuthor AuthorityGoogle
Search engineFulltextScripturesLanguage LessonsMuseumLinks
 


Extra service
Tools
Export
仏典はどう漢訳されたのか:スートラが経典になるとき
Author 船山徹 (著)
Date2013.12.18
Pages314
Publisher岩波書店
Publisher Url https://www.iwanami.co.jp/
Location東京, 日本 [Tokyo, Japan]
Content type書籍=Book
Language日文=Japanese
Note日本印度学仏教学会・鈴木学術財団特別賞(2015年)
Abstractサンスクリット語などインドの言葉が原語であった仏典は,中国の文字や言葉に翻訳されて伝わることにより,東アジアの文化的基層となった.鳩摩羅什や玄奘らの翻訳理論とはどのようなものか.中国に無かった概念をどう訳したのか.キケロ以来の欧州の翻訳理論史と並び注目されるべき壮大な知的所産,初めての一般向け概説書
Table of contentsはじめに――東アジアの中の仏典
第一章 漢訳という世界へのいざない――インド,そして中国へ
第二章 翻訳に従事した人たち――訳経のおおまかな歴史
第三章 訳はこうして作られた――漢訳作成の具体的方法と役割分担
第四章 外国僧の語学力と,鳩摩羅什・玄奘の翻訳論
第五章 偽作経典の出現
第六章 翻訳と偽作のあいだ――経典を“編輯”する
第七章 漢訳が中国語にもたらしたもの
第八章 根源的だからこそ訳せないもの
第九章 仏典漢訳史の意義
参考文献
年表
あとがき
索引
ISBN9784000246910
Related reviews
  1. 船山徹著『仏典はどう漢訳されたのか-スートラが経典になるとき-』=FUNAYAMA Toru, How Buddhist Scriptures Were Translated into Chinese / 柴田泰山 (著)=Shibata, Taisen (au.)
Hits3
Created date2021.11.04



Best viewed with Chrome, Firefox, Safari(Mac) but not supported IE

Notice

You are leaving our website for The full text resources provided by the above database or electronic journals may not be displayed due to the domain restrictions or fee-charging download problems.

Record correction

Please delete and correct directly in the form below, and click "Apply" at the bottom.
(When receiving your information, we will check and correct the mistake as soon as possible.)

Serial No.
626940

Search History (Only show 10 bibliography limited)
Search Criteria Field Codes
Search CriteriaBrowse