Site mapAbout usConsultative CommitteeAsk LibrarianContributionCopyrightCitation GuidelineDonationHome        

CatalogAuthor AuthorityGoogle
Search engineFulltextScripturesLanguage LessonsMuseumLinks
 


Extra service
Tools
Export
日本の戦争と宗教:1988 - 1945
Author 小川原正道 (著)
Date2014.01
Pages264
Publisher講談社
Publisher Url https://www.kodansha.co.jp/
Location東京, 日本 [Tokyo, Japan]
Series講談社選書メチエ
Content type書籍=Book
Language日文=Japanese
Abstract「悪魔を懲らしめねばをかぬ」、「これは日本信仰と西洋思想との戦いである」――。「殺生」を禁ずるはずの宗教が、戦争、そして戦争協力を正当化するに至った論理とは。大日本帝国の時代、ミッションスクールでおこなわれた神道儀礼、銃後の守りを演出する戦没者法要、海外につぎつぎと建立される神社など、諸宗教の軍・政府との相互依存の全貌を、非戦論・抵抗の系譜とともに描き出す。

「悪魔を懲らしめねばをかぬ」、「これは日本信仰と西洋思想との戦いである」――。「殺生」を禁ずるはずの宗教が、戦争、そして戦争協力を正当化するに至った論理とは。大日本帝国の時代、ミッションスクールでおこなわれた神道儀礼、銃後の守りを演出する戦没者法要、海外につぎつぎと建立される神社など、諸宗教の軍・政府との相互依存の全貌を、非戦論・抵抗の系譜とともに描き出す。
Table of contentsプロローグ 「交響曲」として
第一章 「二十世紀」の到来──キリスト教公認と宗教政策
第二章 総力戦と大陸への飛躍──第一次世界大戦と布教権
第三章 新国家建設と「新理想郷建設」の模索──満州事変と日本宗教
第四章 大陸での「勢力拡大」──日中戦争と戦時協力
第五章 対米英決戦下の精神界──太平洋戦争と仏教・神道・キリスト教
 エピローグ それぞれの「終焉」
 あとがき
 注
ISBN9784062585699
Related reviews
  1. 〈書 評〉小川原正道『日本の戦争と宗教 ― 1899~1945 ― 」=Book Review: Ogawara Masamichi. The wars and Religions of Japan: 1899-1945 / 近藤俊太郎 (著)=Kondo, Shuntaro (au.)
Hits213
Created date2021.11.11



Best viewed with Chrome, Firefox, Safari(Mac) but not supported IE

Notice

You are leaving our website for The full text resources provided by the above database or electronic journals may not be displayed due to the domain restrictions or fee-charging download problems.

Record correction

Please delete and correct directly in the form below, and click "Apply" at the bottom.
(When receiving your information, we will check and correct the mistake as soon as possible.)

Serial No.
627281

Search History (Only show 10 bibliography limited)
Search Criteria Field Codes
Search CriteriaBrowse