Site mapAbout usConsultative CommitteeAsk LibrarianContributionCopyrightCitation GuidelineDonationHome        

CatalogAuthor AuthorityGoogle
Search engineFulltextScripturesLanguage LessonsLinks
 


Extra service
Tools
Export
チャンドラキールティ 入中論および自註(『入中論』註釈書(自註)・和訳):付、ジャヤーナンダ『復註』要文抜き書き
Author チャンドラキールティ (著)=Candrakīrti (au.) ; 奥住毅 (著)=Okuzumi, Takeki (au.) ; 奥住毅 (譯)=Okuzumi, Takeki (tr.)
Date2019.10.25
Pages1026
Publisher山喜房佛書林
Publisher Url http://sankibo.jp/
Location東京, 日本 [Tokyo, Japan]
Content type書籍=Book
Language日文=Japanese
NoteNDC(9版)はNDC(10版)を自動変換した値である。
請求記号: 185.3-O58
仏教図書共通分類表: 185.3
Keyword; 入中論; 評釈; インド中観派帰謬論証派; 月称=Candrakirti(西暦650頃); 龍樹=竜樹=Nagarjuna (150-250頃)
Abstractチャンドラキールティの主著である『入中論』の、かれ自身が制作した註釈書を、唯一現存する原文チベット語訳より翻訳。また、ジャヤーナンダによる複註より、読解に有用な部分を本書翻訳に註として付加。
Table of contentsはしがき
凡例
目次

『入中論』註釈書(自註)
 第一章 序説(特に悲愍の讃歎)
 第二章 第一発心、歓喜地
 第三章 第二発心、離垢地
 第四章 第三発心、発光地
 第五章 第四発心、焔慧地
 第六章 第五発心、難勝地
 第七章 第六発心、現前地
 第八章 第七発心、遠行地
 第九章 第八発心、不動地
 第十章 第九発心、善慧地
 第十一章 第十発心、法雲地
 第十二章 十地の功徳
 第十三章 仏陀地の功徳
 第十四章 結語
 跋

異文の校合
入中論(詩頌本文)
解説
ISBN9784796310307
Hits68
Created date2023.08.24
Modified date2023.08.25



Best viewed with Chrome, Firefox, Safari(Mac) but not supported IE

Notice

You are leaving our website for The full text resources provided by the above database or electronic journals may not be displayed due to the domain restrictions or fee-charging download problems.

Record correction

Please delete and correct directly in the form below, and click "Apply" at the bottom.
(When receiving your information, we will check and correct the mistake as soon as possible.)

Serial No.
680551

Search History (Only show 10 bibliography limited)
Search Criteria Field Codes
Search CriteriaBrowse