Site mapAbout usConsultative CommitteeAsk LibrarianContributionCopyrightCitation GuidelineDonationHome        

CatalogAuthor AuthorityGoogle
Search engineFulltextScripturesLanguage LessonsLinks
 


Extra service
Tools
Export
道元
Author 山折哲雄 (著)=Yamaori, Tetsuo (au.)
Edition新装版
Date2014.09.10
Pages214
Publisher清水書院
Publisher Url https://www.shimizushoin.co.jp/index.html
Location東京, 日本 [Tokyo, Japan]
SeriesCentury books 人と思想
Series No.42
Content type書籍=Book
Language日文=Japanese
Note道元年譜: p212-214
参考文献: p215-216
索引: p217-219
索引あり
Keyword道元(1200-1253)
Abstract振鈴とともにめざめがあり,めざめの中に振鈴が響きわたっているという僧堂の生活は,たんに美しいだけでもなく清らかなだけでもない。だが,五年,十年とたつうちに,耳の細かいひだにまでしみこんだ振鈴の響きが,再びもとのみずみずしい音色を取り戻すことがないであろうか。柳の緑や花の紅が突然この世のものとも思われない新鮮な輝きを放って色づくように,早暁の振鈴が不思議な階調で宇宙の全体に響きわたるときがこないであろうか。道元はそういう経験をすることのできた稀な人間のひとりであった,と私は思う。

深淵な思索の書である「正法眼蔵」の著者、道元。彼の生涯を辿り、「正法眼蔵」のそれぞれの巻が執筆された時点において、道元がいったいどのようなことを考え、感じていたかを明らかにする。
Table of contents道元の座標
Ⅰ 師を殺し、師を求めて――遍歴の時代――
   手がかりをつかもう!
   比叡山へ
   山を降りる
   新天地・中国へ
   正師・如浄との邂逅
Ⅱ 心理と人間の探究――創造の時代――
   坐禅のすすめ
   興聖寺僧団の形成
   越前へ
   永平寺を開く
Ⅲ 国家と死のはざまで――苦悩の時代――
   鎌倉への下向
   北条時頼との対決
   出家主義への回帰―ふたたび山へ―
   「活きながら、黄泉に陥つ」
あとがき
道元年譜
参考文献
さくいん
ISBN9784389420420; 4389420429
Hits29
Created date2023.08.30
Modified date2023.08.30



Best viewed with Chrome, Firefox, Safari(Mac) but not supported IE

Notice

You are leaving our website for The full text resources provided by the above database or electronic journals may not be displayed due to the domain restrictions or fee-charging download problems.

Record correction

Please delete and correct directly in the form below, and click "Apply" at the bottom.
(When receiving your information, we will check and correct the mistake as soon as possible.)

Serial No.
680922

Search History (Only show 10 bibliography limited)
Search Criteria Field Codes
Search CriteriaBrowse