Site mapAbout usConsultative CommitteeAsk LibrarianContributionCopyrightCitation GuidelineDonationHome        

CatalogAuthor AuthorityGoogle
Search engineFulltextScripturesLanguage LessonsLinks
 


Extra service
Tools
Export
シリーズ日本人と宗教 近世から近代へ 3:生と死=Religion and The Japanese
Author 島薗進 (編)=Shimazono, Susumu (ed.) ; 高埜利彦 (編)=Takano, Toshihiko (ed.) ; 林淳 (編)=Hayashi, Makoto (ed.) ; 若尾政希 (編)=Wakao, Masaki (ed.)
Date2015.01.20
Pages272
Publisher春秋社
Publisher Url https://www.shunjusha.co.jp/
Location東京, 日本 [Tokyo, Japan]
Seriesシリーズ日本人と宗教 近世から近代へ
Series No.3
Content type書籍=Book
Language日文=Japanese
Note〈全6巻〉
参考文献: 各章末
請求記号: 160.2-Sh88-3
Keyword宗教; 日本; 生と死; 歴史; 死生観; 生死
Abstract近世・近代の死生観はどのようなものであったか。現代にも通じるその源流を、寺檀制度や殉死などの個々の事例から考察する。

日本人の精神性を問い直す、注目のシリーズ第3弾! 本巻では、近世・近代の宗教の世俗化を死生観の立場から考察する。中世から大きく変貌した死者の問題を、寺檀制度・文芸・殉死などの社会事象・戦没者の問題などから、当時の人びとの現世観・来世観とあわせて検討し、近現代の死生観を展望する。

日本人にとって宗教とは何か、という根源的な問いに答える試み。本巻は、近世・近代における死生観に焦点を当てて、寺檀制度や芸能、養生論といった幅広い視点から、現代にもつながる、その特徴と展開を論じる。
Table of contents序章: 死生観の近世と近代 / 島薗進 [執筆]
第一章: 寺檀制度と葬祭仏教 / 朴澤直秀 [執筆]
第二章: 浮世の思想と文芸・芸能 / 中嶋隆 [執筆]
第三章: 殉死・仇討ち・心中 / 谷口眞子 [執筆]
第四章: 先祖・浄土・成仏 / 岩田重則 [執筆]
第五章: 平田国学と幽冥思想 : 近代神道における死の主題化 / 遠藤潤 [執筆]
第六章: 養生論とその宗教的世界 / 瀧澤利行 [執筆]
第七章: 人神信仰と戦没者慰霊の成立 / 今井昭彦 [執筆]
第八章: 近代の来世観と幽冥観の展開 / 末木文美士 [執筆]
ISBN9784393299432; 4393299434
Hits402
Created date2023.09.12
Modified date2023.09.12



Best viewed with Chrome, Firefox, Safari(Mac) but not supported IE

Notice

You are leaving our website for The full text resources provided by the above database or electronic journals may not be displayed due to the domain restrictions or fee-charging download problems.

Record correction

Please delete and correct directly in the form below, and click "Apply" at the bottom.
(When receiving your information, we will check and correct the mistake as soon as possible.)

Serial No.
681568

Search History (Only show 10 bibliography limited)
Search Criteria Field Codes
Search CriteriaBrowse