サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
上田唯識思想之研究:現象學的進路
著者 陳榮灼 (著)
初版
出版年月日2022.06
ページ464
出版者清大出版社
出版地新竹, 臺灣 [Hsinchu, Taiwan]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
キーワード日本佛學; 唯識宗; 上田義文; 現象學
抄録  上田義文(Yoshifumi Ueda, 1904-1993)之唯識著作乃係日本昭和年代的瑰寶。雖然上田以行文難深見稱,但是本書作者對之作出絲絲入扣、系統分明的𨤳清與分析。特別地,通過現象學的進路,作者對上世紀轟動日本佛學界的上田-長尾論爭作出嶄新的解釋與仲裁。這不但使東方與西方、古典與現代的意識哲學得到一美妙的結合,而且於現象學運動中標誌從「觀念論現象學」至「非觀念論現象學」之範式轉移的完成。

  作者以「一口盡吞九江水」之姿吸納日本自明治維新以來佛學硏究的精華,其去蕪存菁之深刻功夫,直可以與當年孤身西遊、去國十七年於天竺取經的唐玄奘相比。在唯識學與量論傳入漢土上,兩位陳氏宗親的努力,可謂千古輝映!本書固是漢語佛學界自牟宗三之《佛性與般若》以降最重要的論著,亦係於國際唯識學與量論研究上一座全新的里程碑!

  又作者同時編譯由上田親自授權與撰寫代序的論文集:《色即空‧空即色:上田義文唯識學論文集》(臺北:國立政治大學政大出版社,2022),讀者宜一併參考閲讀。
目次導論 1

第一章 「唯識古學」的重新定位 19
第一節 「唯識古學」之「傳統解釋」 20
第二節 上田對「唯識古學」之「傳統解釋」的批判 26
第三節 上田對「傳統解釋」的批判之現象學涵義 42

第二章 真諦「三性說」特質之釐清 47
第一節 「三性說」的三種解釋立場 48
第二節 緣生依他之三性說 53
第三節 「緣生依他」與「二分依他」之關係 73
第四節 從現象學角度看「唯識新學」的「三性說」之失 87

第三章 安慧「識轉變說」之定性分解 93
第一節 「唯識新學 」之「識轉變」解釋—「能變思想」 94
第二節 「同時因果說」vs.「異時因果說」 108
第三節 一種現象學式仲裁 123

第四章 唯識說與觀念論 151
第一節 關於ākāra 一詞在《安慧釋》中之意義 152
第二節 「所識(=對象=境)如何可能」之問題 177
第三節 「識」之「相續性」 188
第四節 「量論」 vs.「觀念論」:現象學式照察 200

第五章 結論 333

附錄一 唯識哲學與沙特現象學 351

附錄二 唯識宗「佛性觀」:真諦唯識 vs. 法相宗 371

附錄三 「批判佛教」之兩項獨斷 397

參考文獻 429

跋 453
ISBN9789866116926 (精裝)
ヒット数1
作成日2022.08.04
更新日期2022.08.04



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
646644

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ