サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
入世、修持與跨界:當代臺灣宗教的社會學解讀
著者 齊偉先 (編)
初版
出版年月日2022.10
ページ384
出版者國立臺灣大學
出版サイト https://www.ntu.edu.tw
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
ノート作者為德國畢勒費爾德大學社會學博士,現職中央研究院社會學研究所副研究員。
目次圖表目次 v
作者簡介 vii
謝辭/齊偉先 xi
第一章 導言:臺灣宗教的社會學解讀 1
第壹部分 臺灣社會的宗教風貌
第二章 佛教與現代性:多元文化脈絡的臺灣佛教變遷/劉怡寧 41
第三章  道教研究的社會學課題與當代道教處境/丁仁傑 85
第四章  儀式、香火與廟宇:現代治理情境中的傳統民間信仰/齊偉先 129
第五章  團體與社會共舞:臺灣基督宗教與社會變遷/黃克先 159
第貳部分 宗教議題的省思與知識構框
第六章  邁向世俗化的多重路徑:從交互比較的觀點重新檢視
中文語境中的世俗化概念/林峯燦 185
第七章  臺灣宗教的量化詮釋:探索量化研究的議題與變遷/范綱華 223
第八章  離散、移民或少數族群?東南亞華人民間教團研究的視角/林育生 261
第九章  一貫道的當代轉型:從民間教派到跨國宗教/楊弘任 293
第十章  華人穆斯林的亞洲離散:穆斯林社會研究的視點/邱炫元 333
索 引 365
表3-1 歷年宗教歸屬的比較 88
表3-2 神職人員所使用的不同方法 109
表3-3 儀式的溝通模式與再脈絡化 110
表3-4 修院或非修院︰組織層次與意識形態層次相交互的考察 115
圖5-1 與社會共舞的三種姿態 171
圖5-2 「基督宗教=基督宗教團體=基督宗教菁英」三位一體的化約 173
ISBN9789863506508
ISSN9789863506508
ヒット数1
作成日2022.10.19
更新日期2022.10.19



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
652127

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ