サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
試論慧能與神秀禪法的異同=A Study on the Similarities and Differences of the Methods of Chan between Huineng and Shenxiu
著者 黃劍廷 (著)=Huang, Jianting (au.)
掲載誌 International Journal of Chinese Buddhist Studies=中國佛教研究國際期刊
巻号v.1 n.1
出版年月日2022.01
ページ211 - 238
出版者Institute of Pali-Sanskrit-Chinese-Tibetan Buddhist Literature Studies=巴梵漢藏佛教文獻研究所
出版地Sri Lanka [斯里蘭卡]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード慧能=Huineng; 神秀=Shenxiu; 心性=the nature of the mind; 南頓北漸=sudden in the south, gradual in the north
抄録本文將慧能的《壇經》和神秀的《觀心論》作了比較,發現兩者同屬如來藏系,以為修行就是彰顯本來清淨的佛性;都有立足于心性去談佛法(萬法);都提倡頓悟,他們的教法同屬頓教。神秀的觀點與慧能的觀點並沒有本質的區別,他們的禪法原理都共同來源於他們的老師——弘忍。這個結論與一般流傳的“南頓北漸”說不同。所謂的“南頓北漸”說,應該進一步詮釋。


This paper compares Huineng’s Platform Sutra with Shenxiu’s Treatise on the Contemplation of the Mind (觀心論Guanxin Lun), and finds that both belong to the Tathāgatagarbha system, and both think of practice as a manifestation of the original pure Buddha nature; they both talk about Buddha Dharma (ten thousand dharmas) based on the nature of mind; both advocate sudden enlightenment, and their teaching methods belong to the teachings of sudden enlightenment. There is no essential difference between Shenxiu’s and Huineng’s views. Their Chan principles both come from their teacher Hongren. This conclusion is different from the popular saying of “sudden in the south, gradual in the north”, which should be further interpreted.
目次一、心性論——如來藏學 214
二、修行方法論——漸修與頓悟 222
三、詮釋佛法——萬法不離自心 226
四、結論 237
ISSN28202228 (P)
ヒット数1
作成日2022.07.29
更新日期2022.08.01



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
646338

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ