サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
Image-Thinking and the Understanding of "Being": The Psychological Basis of Linguistic Expression
著者 Yuasa, Yasuo ; Fasan, Jacques ; Nagatomo, Shigenori
掲載誌 Philosophy East and West
巻号v.55 n.2
出版年月日2005.04
ページ179 - 208
出版者University of Hawaii Press
出版サイト https://uhpress.hawaii.edu/
出版地Honolulu, HI, US [檀香山, 夏威夷州, 美國]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
キーワードOntology
抄録This essay investigates why and how East Asian thought, particularly Chinese thought, has traditionally developed differently from that of Western philosophy by examining the linguistic differences discerned in the Chinese language and Western languages. To accomplish this task, it focuses on the understanding of "being" that relates to the theoretical thinking of the West and the image-thinking of East Asia, while providing a psychological basis for the latter.
目次Chinese, Japanese, and Western Expressions for "Being"
The Characteristics of Expression in the Chinese Language
The Relation bwtween Logic and Psychology in the Linguistic Expressions of Chinese and Western Languages
The Cognition and Intuition of Living Nature
ISSN00318221 (P); 15291898 (E)
DOI10.1353/pew.2005.0015
ヒット数850
作成日2005.06.03
更新日期2019.05.17



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
124275

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ