サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
明本禪師嗣法弟子與元代雲南禪宗=Disciples of Master Mingben and Chan Sect of Yunnan in the Yuan Dynasty
著者 紀華傳 (著)=Ji, Hua-chuan (au.)
掲載誌 新世紀宗教研究=New Century Religious Studies
巻号v.3 n.2
出版年月日2004.12
ページ104 - 128
出版者世界宗教博物館發展基金會附設出版社
出版サイト https://www.mwr.org.tw/
出版地臺北縣, 臺灣 [Taipei hsien, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者為中國社會科學院世界宗教研究所助理研究員
キーワード中峰明本=Zhongfeng Minben; 玄鑒=Xuanjian; 元代=The Yuan Dynasty; 雲南禪宗=Chan Sect of Yunnan
抄録關於元代雲南禪宗的研究,經過前輩學者們的努力,在資料的整理、史實的考辨等方面取得了很大的成績,然而在禪法思想方面的研究,特別是雲南禪宗在整個中國禪宗史中的地位,仍屬薄弱環節。本文以對元代雲南禪宗影響最大的中峰明本禪師及其嗣法弟子為中心,通過禪宗的語錄、史傳等文獻與雲南的方志、碑刻等資料相互參證,在考證其歷史和禪法淵源的基礎上,進一步分析元代雲南禪師的禪法思想,探討元代雲南佛教與江南禪宗之間的密切關係。

With regard to Chan Sect of Yunnan in the Yuan Dynasty, researchers of the older generation have made great achievements in the management of material and textual criticism of historical events. However, few researchers have paid attention to the thought of methods of meditation, especially the status of Chan Sect of Yunnan in the Chinese history of Chan Sect. Focusing on Zhongfeng Mingben–the most influential master of Chan Sect of Yunnan in the Yuan Dynasty and his disciples, this article utilizes such material as quotations of Chan Sect, historical biographies, gazetteers of Yunnan and inscriptions. On the basis of textual criticism of these documents, this thesis analyzes the origin and contents of methods of meditation in Chan Sect of Yunnan as well as the close relationship between Yunnan Buddhism in the Yuan Dynasty and Chan Sect in region south of the lower Yangtze River.
ISSN16843738 (P)
ヒット数429
作成日2005.06.23
更新日期2020.01.09



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
125752

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ