サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
北朝晚期石窟寺研究 -- 鄴城地區石窟與刻經
著者 李裕群
出版年月日1995
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類博碩士論文=Thesis and Dissertation
言語中文=Chinese
学位修士
学校北京大學
学部・学科名歷史學系
キーワード石窟; 雕刻=雕塑=Sculpture
抄録  古都鄴城,在今河北省臨漳縣,地處太行山東麓、華北大平原西部,地理環境較為優越。自曹魏都鄴以後,遂成為北方政治、經濟和文化中心之一。十六國時期,後趙、冉魏、前燕相繼建都於此。北魏永熙三年(534年),大丞相渤海王高歡擁立孝靜帝,自洛陽遷都鄴城。北齊隆化元年(577年),北周武帝陷鄴城,滅北齊。鄴城作為東魏、北齊的國都存在了四十餘年。
目次一、引言
二、鄴城地區石窟與刻經洞窟的分類
三、洞窟與刻經的關係
四、造像題材與刻經的 關係
五、刻經反映的石窟性質 的變化
六、刻經與末 法思想
七、刻經反映的鄴城地區三階教的影響
八、結語
ヒット数192
作成日2005.09.23
更新日期2019.05.24



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
126296

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ