サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
從《瑜伽論記》析論〈真實義品〉「離言自性」的語言哲學及對「說一切有部」語言觀的批判=An Analysis of "nirabhilāpya-svabhāvatā" of the Tattvārtha Chapter and its Criticisum of Sarvāsti-vādin's View of Language
著者 趙東明 (撰)=Chao, Tung-ming (compose)
掲載誌 佛學研究中心學報=Journal of the Center for Buddhist Studies
巻号n.10
出版年月日2005.07
ページ41 - 79
出版者國立臺灣大學佛學研究中心=The Center for Buddhist Studies, National Taiwan University
出版サイト http://homepage.ntu.edu.tw/~ntucbs/
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード假說自性; 離言自性; 「能指」(「色等『法名』」); 「所指」(「色等『想法』」); 「終極所指」(「唯事」); 增益執; 善取空; 語言哲學
抄録本論文要處理的問題有兩點:(一)、從《瑜伽論記》的解說,析論《瑜伽師地論.菩薩地.真實義品》之「離言自性」(梵nirabhilāpya-svabhāvatā),試圖釐清這一概念的意義,及其語言哲學內涵。(二)、嘗試分析在《瑜伽論記》的記載中,基於〈真實義品〉「離言自性」的語言哲學,而批判「小乘人」(「說一切有部」)之語言觀存在的三個過失。
目次一、引言 45
二、《瑜伽師地論.菩薩地.真實義品》之「離言自性」及其語言哲學觀 47
(一)〈真實義品〉之「離言自性」與「假說自性」 48
1.〈真實義品〉的「離言自性」一詞 48
2.〈真實義品〉的「假說自性」 49
3.《倫記》中「假說自性」、「離言自性」和「三自性」之關係的說明 51
(二)〈真實義品〉「離言自性」的語言哲學—「一切唯假」與「假必依實」之「唯事」 53
1.以何道理應知諸法「離言自性」?—-「一切唯假」 53
2.〈真實義品〉「離言自性」的語言哲學與「善取空」的關係—-「假說自性」層面「一切唯假」與「離言自性」層面「假必依實」之「唯事」 55
(三)從《瑜伽論記》的說明勾勒〈真實義品〉「離言自性」的語言哲學圖形--理解「假說自性」、「離言自性」與遠離「增益執」、「損減執」的「善取空」者 63
三、分析《瑜伽論記》解說〈真實義品〉「離言自性」之語言哲學時對「說一切有部」語言觀的批判 65
(一)「說一切有部」實在論語言觀「略述」 66
(二) 分析《瑜伽論記》解說〈真實義品〉「離言自性」之語言哲學時對「說一切有部」實在論語言觀所提出的三個批判 67
1.隨名有多體之過失 68
2.命名前無體之過失 72
3.命名前有覺知之過失 73
四、結語 78
ISSN10271112 (P)
ヒット数2855
作成日2005.09.26
更新日期2017.07.03



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
128171

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ