サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
『唯識三十頌』を読む
著者 廣澤隆之 (著)=Hirosawa, Takayuki (au.)
出版年月日2005.05.01
ページ385
出版者大正大学出版会
出版サイト https://www.tais.ac.jp/guide/research/publishing/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
シリーズTU選書
シリーズナンバー3
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
ノートテキスト・翻訳・参考文献: 巻末p34-35
キーワード唯識三十頌; 唯識; Vasubandhu; 世親(4世紀頃); 唯識三十論頌
抄録唯識思想の基本文献である『唯識三十頌』。梵蔵漢の三訳を対照しながら、その三十の詩頌からなる短く簡潔な教理の深遠なる心の世界を読む。

人間の心の奥底を見つめようとする唯識思想の基本文献「唯識三十頌」の解説本(附録:梵蔵漢訳対照テキストと和訳)

インドを代表する仏教思想である、唯識思想の理論体系の最も洗練された簡潔な綱要書「唯識三十頌」。仏教思想史を貫く根本問題がいかんなく説かれた、三十の短頌からなる簡潔かつ深遠なる心の世界を読む。

目次『唯識三十頌』内容と解説
序章
第1章 帰敬偈
第2章 総論(第一偈)
第3章 初能変─阿頼耶識の変容(第二偈~第四偈)
第4章 第二能変─末那識の変容(第五偈~第七偈)
第5章 第三能変─感覚・知覚の変容(第八偈~第十六偈)
第6章 正辨唯識─唯識ということ(第十七偈)
第7章 心法生起─心の働きの起こり(第十八偈)
第8章 有情相続─生死と心のつながり(第十九偈)
第9章 三性─心に見える三種の存在形態(第二十偈~第二十二偈)
第10章 三無性─空性である三種の存在形態(第二十三偈~第二十五偈)
第11章 唯識位─修行の階梯と仏陀の境界(第二十六偈~第三十偈)
第12章 廻向文『唯識三十頌』を読んで
あとがき
テキスト・翻訳・参考文献
『唯識三十頌』梵蔵漢対照テキストと和訳
ISBN4924297305; 9784924297302
ヒット数911
作成日2005.11.25
更新日期2023.09.06



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
129011

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ