サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
元代禅宗史研究
著者 野口善敬
出版年月日2005.07
ページ677
出版者禅文化研究所
出版サイト http://www.zenbunka.or.jp/
出版地京都, 日本 [Kyoto, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
キーワード禅宗
抄録 唐宋の禅が、宗派的にも思想史的にも大きな展開を見せたのに比して、元代は禅の衰退変質した時代と捉えられてきた。そのため、研究の対象としてあまり取り上げられず、纏まった成果も見られていない。しかし、禅の純度が落ち禅浄双修に走ったとされる元代にも、日本禅門にその流派を伝え大きな影響を与えた禅僧もおり、入元僧も相当な数にのぼっている。また、五山文学、五山制度、清規など、その日本に与えた影響には計り知れないものがある。
元代仏教の纏まった研究書としては、野上俊静『元史釈老伝の研究』(朋友書店・一九七八)、大薮正哉『元代の法制と宗教』(秀英出版・一九八三)、竺沙雅章『宋元仏教文化史研究』(汲古書院・二〇〇〇)などが挙げられるが、本書は、禅を中心に纏められたはじめての「元代仏教研究」である。
 巻末に膨大な資料(「元代禅僧著述・伝記一覧」「元代仏教関係繋年資料」「元代仏教関係著書・論文一覧」)、および本文索引が付される。

目次
序 元代仏教の概観
元代江南における臨済禅の展開(元叟行端とその禅/中峰明本の生涯とその思想/元代禅門の苦悩)
元代仏教の諸相(元代江南における住持任命権者の変遷/元代における五山十刹の位次/元代文宗期における仏教興隆/元代の禅宗と教宗)
禅浄双修の問題 ─元から明へ─(禅浄一致に関する一考察/明代前期禅門における禅浄一致の一断面)
付録 元代明初僧侶著述・伝記一覧
元代仏教関係繋年資料
元代仏教関係著書・論文一覧
本文索引付
ISBN4881822039; 9784881822036
ヒット数1422
作成日2005.11.25
更新日期2008.10.03



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
129089

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ