サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
覺醒的勇氣
著者 頂果欽哲法王
出版年月日2006.07
ページ184
出版者大理文化研究所
出版地大理, 中國 [Tali, China]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
キーワード灌頂=Abhisheka=Empowerment; 轉世=輪迴=Samsara=Rebirth=Reincarnation; 菩提心=Bodhicitta; 無常=Anitya=Impermanent=Anityata=anicca; 修行; 修心法=婁炯=Lojong; 阿底峽=Atisa ; 佛教; 佛; 西藏佛教=藏傳佛教=Tibetan Buddhism; 死亡; 仁波切=Rinpoche; 上師=Guru
抄録頂果欽哲法王於一九九一年(圓寂的前一年),曾在法國多荷冬授予弟子們一連串的開示、灌頂和心意傳承。其中,以《覺醒的勇氣》尤為獨特重要。仁波切根據他個人一生的修行經驗,以及弟子的不同根器來教導論釋,讓每一位參與者都能走向究竟的內在平靜與自由。這個修心法教是由印度大師阿底峽尊者傳入西藏,是整個藏傳佛教的核心,也是二千五百年來,所有佛教國家上師的心要。
它是所有傳承的入門、捷徑和成果。它是過去上師們的覺受之果,順應時代潮流,可以很容易地融入日常生活之中。它所帶來的利益,正符合我們最迫切的需求。透過這個修心法教,我們可以培養一顆善良的心、一種慈愛的態度,以及自由。
何謂修心七要?
-修習菩提心的根基:思量人身難得、死亡無常和輪迴過患。
-菩提心:達到覺醒的不敗法門。
-把逆境化為覺醒道路上的資糧。
-讓修行成為一種生活方式。
-修心進步的衡量標準。
-修心的承諾。
-修心的指導。
ISBN780148620X
ヒット数281
作成日2006.09.01
更新日期2007.12.11



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
134254

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ