サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
蘇曼殊說禪
著者 大荒 ; 隱塵
出版年月日2006.05
ページ208
出版者中國廣播電視出版社
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
キーワード袈裟; 剃度=出家=Ordination
抄録蘇曼殊(1884—1918)近代作家。原名戩,字子穀,後改名玄瑛,曼殊為其法號。廣東香山(今中山)人。出生於日本橫濱。父親為旅日華商,母親是日本人。這種特殊的身世使他早年即因家庭矛盾出家為僧。但是,民族的危難又使他不能忘情現實。
他雖寄居廟堂,但憂國憂民,雖芒鞋袈裟,但柔情萬種,雖悟盡空色,但心系紅塵,柳陰深處馬蹄驕,無際銀沙逐退潮,茅店冰旗知市近,滿山紅葉女郞樵。
面對著國破山河,面對著親人的冷漠,曼殊大師只有將孤獨之情寄託於文字,發諸於翰墨,面對生活的無奈,他只有寄身於沙門,但不又忍目睹人世間的黑暗,所以他極力想入世、救世、革命,振臂一呼,但似乎又力所不及——幾千年的封建制度瓦解之時,當然有風雨滿樓之勢,一個勢單力薄的和尚又能有什麼作國呢?……
ISBN7504349763
ヒット数277
作成日2006.09.06
更新日期2007.12.12



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
134398

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ