サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
Theravada Buddhism and the British Encounter: Religious, Missionary and Colonial Experience in Nineteenth Century Sri Lanka
著者 Harris, Elizabeth J.
1
出版年月日2006.05.01
ページ274
出版者RoutledgeCurzon Press=Routledge=Curzon Press
出版サイト http://www.routledge.com/
出版地Thousand Oaks, CA, US [紹曾德奧克斯, 加利福尼亞州, 美國]
シリーズRoutledge Critical Studies in Buddhism
資料の種類書籍=Book
言語英文=English
キーワード上座部佛教=南傳佛教=Theravada Buddhism; 佛教人物=Buddhist; 佛學研究=佛教學=Buddhist Studies=Buddhology
抄録This work explores the British encounter with Buddhism in nineteenth century Sri Lanka. Its central concern is the way Buddhism was represented and constructed in the eyes of the British scholars, officials, travelers and religious seekers who first encountered it. The book traces the three main historical phases of the encounter from 1796 to 1900 and gives a sensitive and nuanced exegesis of the cultural and political influences which shaped the early British understanding of Buddhism and which would condition its subsequent transmission to the West. This work fills a significant gap in scholarship on Theravada Buddhism in Sri Lanka by concentrating on missionary writings and by a thorough exploration of original materials of several important pioneers in Buddhist Studies and Mission Studies. It expands the readers' understanding of inter-religious relations between Christians and Buddhists.
ISBN0415371252 (hc); 9780415371254
ヒット数510
作成日2006.09.14
更新日期2016.12.30



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
135950

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ