サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
後期中観派のサーンキャ学説批判とダルマキールティ -- 自不生の論証,因中有果論,顕現説批判
著者 森山清徹 =Moriyama, Seitetsu
掲載誌 文学部論集=Journal of the Faculty of Letters=ブンガクブ ロンシュウ
巻号(總號=n.81)
出版年月日1997.03.01
ページ17 - 36
出版者佛教大学学会
出版サイト http://www.bukkyo-u.ac.jp/
出版地京都, 日本 [Kyoto, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語日文=Japanese
ノート此PDF全文檔為日本國立情報學研究所、電子圖書館(NII-ELS)提供。著作權屬原該網站建構或維護單位所有。
キーワード自不生; サーンキャ学説批判; Kamalasila; Dharmakirti; Madhyamikas
抄録 Kamalasilaが、以下に展開する<自らの生起>の吟味では、サーンキャ学派の因中有果論と転変説が批判的に検証されている。この点自体は、従来の中観諸論師の扱う論議と異質なものではないが、その検証方法が大いに異なるのである。つまり、そこではDharmakirtiのサーンキャ学説批判、常住論批判(刹那滅論)、対立関係(vuruddha)、時空限定の根教としての依存関係(apeksa)の理論、論理学が活用され、サーンキャ学による限り因果双方の区別が成り立ち得ず、因果は相互に混在するものとなると批判を展開している。そして<自不生論証>を巡り、KamalasilaはCandrakirtiを批判し、Bhavavivekaを支持している。Kamalasilaは自不生のみならずNagarjunaの四不生全体の解釈の機軸としてDharmakirtiの刹那滅論証を活用している。これらのことは中間派思想史上、特に注目される。
ISSN09189416 (P)
ヒット数809
作成日2007.02.01
更新日期2020.06.23



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
142213

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ