サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
「三智一心中得」論釋 -- 《大智度論》義與天台宗學
著者 陳平坤
掲載誌 大專學生佛學論文集
巻号v.15
出版年月日2005.08
ページ145 - 199
出版者財團法人台北市華嚴蓮社
出版地臺北, 臺灣 [Taipei, Taiwan]
資料の種類專題研究論文=Research Paper
言語中文=Chinese
ノート本文之修訂稿,收錄於《佛門推敲——禪‧三論‧天台哲學論著集》,台北:文津出版社,2007年。
キーワード一心; 三智; 道智; 道種智; 一切智; 天台宗; 大智度論
抄録  關於天台宗所說「三智一心中得」,牟宗三先生認為它的原始依據乃是《大智度論》的「明文」;不過,印順法師則指出《大智度論》並無這樣的「明文」,所以它只是天台宗學而非《大智度論》義。本文針對這個論諍,回到《大智度論》提及相關觀念的語脈,嘗試分析與綜合討論龍樹透過問答方式,來解釋《摩訶般若波羅蜜經》的文義時,在他那現似分離的說法之間,到底保有怎樣的完整意旨呢?進而據以證成《大智度論》固然沒有「三智一心中得」這種「明文」,但是,根據掌握前後語義的論釋,以及參照經中所強調的「習行般若波羅蜜」之後,再把論中的說法,置於「定慧不二」的禪觀思想下重新檢視,那麼,我們還是可以說「三智一心中得」,乃是龍樹在《大智度論》中進行相關文義解釋時,所要肯定的一項觀點。
  此外,本文站在揭明天台宗學的所謂「一心」,不但是指「佛(真)心」,而且更意謂的是「眾生心」這一基礎,還進一步指出「三智一心中得」的言說重點,乃是落在有關「行」道的教學提示之上,而不是對於所「證」果位的聖境說明。

目次一、前 言
二、《大智度論》所說「四智」、「三智」與「一切一時得」
(一)道智與道種智
(二)一切智與一切種智
(三)菩薩心智與佛陀心智
三、天台宗學的「三智一心中得」
四、結 語
ヒット数639
作成日2007.03.06
更新日期2015.06.01



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
143138

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ