サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
世界を開く仏教
著者 寺川俊昭 ; 児玉暁洋
出版年月日2007.03
ページ185
出版者樹心社
出版サイト http://jushinsha.com/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
キーワード親鸞
抄録教は現代の苦悩に応えうるか。戦争と貧困と恐怖のない国はいかにして可能か。二人の念仏者が渾身から応答する。

目次
願生浄土と戦争放棄─暁烏敏の戦争責任と聖徳太子の再発見(出遇い─人と言葉;念仏には「見道と転依」という意味がある;暁烏敏の戦争責任;“仏と諸天神”あるいは“神と仏” ほか)
浄土の民を証しするもの─親鸞聖人と清沢先生(響き合う信念;「浄土真宗」とはどういう自覚道か;「浄土の民」に加えられて;呼応)
資料 崇信学舎百年
ISBN9784434104954
ヒット数291
作成日2007.04.20



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
144840

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ