サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
心寬念純 -- 追求美善人生
著者 釋證嚴
出版年月日2007.03
ページ253
出版者聯合文學
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
キーワード維摩經=維摩詰經=Vimalakirtin-irdesa=Vimalakirti Sutra; 精進; 福報=福田=功德=Virtue=Merit; 感應; 慈濟=T'zu-Chi ; 慈善; 慈悲心=Compassion=Metta=Loving Kindness=Maitri; 菩薩=Bodhisattva; 菩薩; 無明=avijja=avidya; 救濟; 苦; 法師=Master; 佛教; 佛; 正念=覺知=Mindfulness=Awareness
抄録繼百喻系列《一秒鐘和一輩子》、《過關》,本書是2007年證嚴法師最重要的著作。
「眾生病,故菩薩病」,《維摩詰經》如此明確且殷切的說明了:感應一切眾生之病苦,如是之故,菩薩生慈悲心。「濟世救人,慈濟為懷」,正是慈濟的精神中心與志業之所向,從救濟的「慈善志業」起,證嚴上人深知貧苦多因「病」而起,是以賡續而有「醫療志業」之踐履,繼之「教育志業」、「人文志業」次第推廣施行,而有慈濟大學等各級學校、《經典》諸刊物及「大愛電視台」之創辦;揆諸過往,從一九六六年「佛教克難慈濟功德會」創辦至今,四十年倏忽而過,四大志業依序而進、同時並行,粲然有成,花開多瓣!直心即道場,「做慈濟」更是道場,慈濟人充分踐履師志,人間即靈山,自可拈花而微笑。
第五個十年的開始,上人提醒:不忘回到慈濟志業創辦之初的「竹筒歲月」,提醒慈濟人不忘本心、發心如初。希望慈濟人能做中覺知,知行合一,祛除根本無明,而見天心月圓。
因覺知眾生苦,悲心相契,因救拔眾生苦,而同體大悲,人命有其局限,慧命卻可無窮,追求慧命的路上,上人帶領新舊慈濟人一路而行,隨機逗教,法語如雨,可以洗去胸中之垢之塵,上人之言可以內求解脫,外助他人,勇猛精進,不憂不畏不怖矣!
「證嚴法師百喻系列」第三集名為《心寬念純》,上人說:「心寬是善,念純是美,心寬念純就是美善,就能令人歡喜;這就是人文的根本。」期待更多發心發意的菩薩以真誠的愛心、純真與寬大的心胸,共同成就美善的人間。
ISBN9575226801
ヒット数362
作成日2007.04.20



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
144915

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ