サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
選択本願念仏集 -- 法然の教え
著者 法然 ; 阿満利麿
出版年月日2007.05
ページ286
出版者角川学芸
出版サイト http://www.kadokawagakugei.com/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
キーワード法然; 往生; 末法思想
抄録末法思想が信じられ絶望が人びとを襲った鎌倉初期、法然はただ念仏だけを称えれば、誰でもたやすく仏が救済してくれると説いた。この革命的な思想の正当性を、九条兼実の求めに応じて法然自身がまとめたのが本書である。法然の教えは、従来の仏教的価値観を根本的に覆したため旧派仏教徒から非難を受けるが、その後の仏教史を大きく変えた。仏教界に衝撃を与え、かつ多数の信者を得た法然の主著を、平易な訳文で読み、その強靱な求道の精神の魅力に迫る、浄土宗・浄土真宗の基本文献。
目次
標章 道綽禅師が、仏教を「聖道」と「浄土」に分け、「聖道」を捨てて「浄土」に帰せよ、と説く文。;
引文第一 道綽禅師の『安楽集』上には…;
私釈 宗派の根拠/「浄土宗」の立場/さまざまな分類/「浄土宗」の師資相承;
標章 善導和尚が浄土往生のための行を「正」・「雑」の二つに分けて、「雑」行を捨てて「正」行に帰依するように勧めている文。;
引文第一 善導はその著『観経疏』の第四において…;
私釈 正・雑二行の得失;引文第二 善導の『往生礼讃』は…;私釈;
標章 阿弥陀如来は称名以外の行をもって往生の本願となしたまわず。ただ念仏をもって往生の本願となしたまえる、という文。;
引文第一 『無量寿経』の上に…
ISBN9784044068011
ヒット数583
作成日2007.07.03
更新日期2008.10.07



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
146234

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ