サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
中日佛教交流史 -- 戰後五十年
著者 額賀章友 ; 劉建
出版年月日2007.05
ページ394
出版者宗教文化出版社
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
キーワード佛教; 佛; 日本佛教=Japanese Buddhism
抄録本書記載,戰後的中日佛教交流始於1952年,即中日兩國實現邦交正常化的20年前。由此,可以推測當年中日兩國的佛教界友好人士所經歷的艱難曲折,所付出的汗水心血。
本書介紹,1955年8月,第一次禁止原子彈氫彈世界大會在廣島召開之際,世界各國紛紛派出了代表團。中國政府也向大會東道國表示,計劃派遣代表團參加大會。但是,當時的日本政府反對尚未與其建立外交關係的中國代表團與會,拒絕發給中國代表團入境簽證。日本佛教界友好人士椎尾辯匡師(增上寺法主、大正大學校長)得知中國代表團團員中包括一位佛教徒這一消息後,當即前往首相官邸,向當時的日本內閣總理大臣鳩山一郎直接陳述佛教界的有關要求。
ISBN9787801238665 (平)
ヒット数304
作成日2007.07.24
更新日期2007.07.24



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
146448

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ