サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
東瀛禪語
著者 慢竹秀南 ; 劉建
出版年月日2007.05
ページ235
出版者宗教文化出版社
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
キーワード無常=Anitya=Impermanent=Anityata=anicca; 皈依=Take Refuge; 佛教; 佛陀=Gautama Buddha; 佛
抄録有些人一提起“禪”或提起“佛教”來,就往往故弄玄虛。但是,無文禪師嘴裏的“禪”也好,“佛教”也好,並不是那種人們想像中的深奧莫測、晦澀難解的學問。他總是信手拈來人們日常生活中隨處可見的話題,用通俗易懂的語言,深入淺出地教化信眾。無文禪師那無以類比,好似行雲流水般的“無文調”涓涓流入了無數信眾的心田。
我認為,這是無文禪師自年輕時代起就孜孜不倦、鍥而不捨地求法問道而形成的精神境界的自然表露。
放眼當今世界,動盪不定的世界局勢,激劇變化的現代社會,使許多人困惑不解而無所適從。
這些社會現象,並非僅僅局限于現代社會,也許這是任何時代都不會改變的人類社會的本質。
面對現實世界,此時此刻,我們更應該重溫佛教所謂“無常”的深邃含義;我們更有必要切身地體會感悟“無常”人生,以便更加自如地掌握自身的命運,駕禦“無常”世界。
皈依真理,順應自然規律,認識生命價值之寶貴,這是我們為人處世,駕禦“無常”世界的首要條件。
我們要珍惜皈依佛陀,皈依真理的寶貴生命;正視無常世間,不迷不惘,不屈不撓,勇往直前。也就是所謂“不迷不罔踏雪路”,踏踏實實地去度過人生的每時每刻。
ISBN9787801238566 (平)
ヒット数285
作成日2007.07.24
更新日期2007.07.24



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
146449

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ