サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
Book Review: "Approaching the Land of Bliss: Religious Praxis in the Cult of Amitābha," ed. by Richard K.Payne and Kenneth K. Tanaka
著者 Dobbins, James C.
掲載誌 Japanese Journal of Religious Studies
巻号v.33 n.2
出版年月日2006
ページ413 - 418
出版者Nanzan Institute for Religion and Culture=南山宗教文化研究所
出版サイト http://nirc.nanzan-u.ac.jp/en/
出版地名古屋, 日本 [Nagoya, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article; 書評=Book Review
言語英文=English
ノートKuroda Institute Studies in East Asian Buddhism 17.
Honolulu: University of Hawai‘i Press, 2004. ix+304 pp. $32.00,
cloth, isbn 0-8248-2578-0
キーワード彌陀淨土=西方淨土=西方極樂世界=The Western Paradise of Eternal Bliss=The Land of Bliss=the Pure Land Sukhavati
ISSN03041042 (P)
ヒット数1101
作成日2007.08.02
更新日期2017.09.07



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
146691

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ