サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
野鴨子飛到哪里去了 -- 馬祖禪與石頭禪
著者 小川隆
掲載誌 佛學研究=Research of Buddhism
巻号n.14
出版年月日2005
ページ175 - 179
出版者中國佛教文化研究所
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード野鴨子; 石頭禪; 只這個漢; 渠
抄録唐代禪宗有兩大主流。一者南岳-馬祖系,二者青原-石頭系。后者是對立前者而分出來的。兩者的思想上的分歧在哪里呢?《祖堂集》卷五《大顛章》有這樣的記載。這是大顛初參石頭時的回想——石頭問:“阿哪個是汝心?”對曰:“即祗對和尚語言者是。”石頭便喝之。經旬日,卻問石頭:“前日豈不是!除此之外,何者是心?”石頭云:“除卻揚眉動目一切之事外,直將‘心’來!”這時候,大顛所根據的是馬祖禪的“作用是性”的思想。馬祖說:“祗今語言即是汝心”(《宗鏡錄》卷九十七),“長在法性三昧中,著衣吃飯,言談祗對。六根運用,一切施為,盡是法性。”(《馬祖語錄》)。大顛據于這種思想就認為“祗對”、“語言”、“揚眉動目”等作用就是自己的“本心”。但是,石頭堅決否定這種思想,要求大顛直接提出超越一切作用的“本心”來。馬祖禪是把自己的“本來性”(本心、佛性)與“現實態”(身心的作用)直截看成一件事,而石頭禪則深刻探求“本來性”與“現實態”之間的玄妙的關系。本文主要是想通過馬祖“野鴨子”的話頭來初步分析唐代禪宗兩大主流的分歧問題。
目次一、馬大師”野鴨子”176
二、馬祖的”野鴨子”與石頭的”指這個漢”176
三、渠今正是我 我今不是渠177
四、幸有專甲在178
ヒット数326
作成日2007.09.13
更新日期2018.05.17



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
147750

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ