サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
試談藏族成文習慣法規的歷史淵源與藏傳佛教戒律之間的內在關系
著者 索南才讓 (著)=Bsod nam, Tshe ring (au.)
掲載誌 宗教學研究=Studies on religion
巻号n.2
出版年月日2007.06
ページ175 - 188
出版者四川大學道教與宗教文化研究所
出版サイト https://daoism.scu.edu.cn/taoism/list.html?cId=1
出版地成都, 中國 [Chengdu, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:西南民族大學
キーワード藏族; 佛教戒律; 習慣法規
抄録藏傳佛教戒律文化是藏族文化最重要的組成部分,也是藏族文化真正的價值實踐所在。佛教自7世紀傳入藏地以來,藏傳佛教的哲學思想和價值體系作為藏族精神文化的主體和核心,引導、影響著藏族文化的方方面面。「戒律存則佛法存,戒律滅則佛法終」,藏傳佛教戒律既是藏傳佛教發展的制度保證,也是藏傳佛教思想的具體體現,故而在龐大的藏文化體系中佔有舉足輕重的地位,具有特殊的作用和意義,其影響廣泛而深刻。從藏族成文習慣法規與藏傳佛教戒律之間的內在關系可以看出,藏族法律無論在內在指導精神還是外在表現形式上,都受到了佛教戒律的直接影響。借助法律這種強制手段,佛教的行為規範在藏族人民身上打下了更加深刻的烙印。人們逐漸習慣於以佛教思想的好惡來評判一切,從而形成了慈悲為懷、寬容相待、誠實公正的社會風氣,「封山封林、禁獵野生動物」的規定使藏地成為一個生態平衡、人與動物和諧相處、未受人為污染的良好生態環境。文章基於法律多元的事實,應用宗教學、人類學和社會學的方法,認為習慣法是客觀存在的,在依法治國的道路上必須充分關注習慣法及其固有特點,為和諧社會的建設給予習慣法中的優秀成分以合理的發揮空間,否則會造成對法治資源的無知與浪費,不利於法治建設的最終目的。
目次一、生成藏族傳統法律文化的歷史淵源 175
二、從藏地整體文化與具體政治經濟文化等的比較研究出發,分析佛教戒律對於藏族傳統法律文化的影響 178
三、藏族地方傳統法律文化與社會的和諧相處 184
ISSN10061312 (P); 10061312 (E)
ヒット数237
作成日2007.09.27
更新日期2019.11.14



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
148514

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ